“‘8月は円高’のアノマリーは有るか?”

f:id:okinawa-support:20200803171426j:plain


先週のドル・円相場は金曜日にドルの安値104.19まで円高が進み、円高に成り易いと言われている8月(機関投資家の対外投資の果実の円転とお盆を控えての輸出筋のドル売り)に向かって“思った通りの動き”になるかと思われたが、欧州市場が始まった突端に急激なドルの買い戻しが入り、高値106.05まで大きな抵抗も無くドルが急伸した。

これはドル・円単体の問題ではなく、殆ど抵抗無しに急騰(ドルは急落)していたその他主要通貨の反落(ドルの反転)と言ってもよかろう。
6月30日から7月31日のひと月間の高値までの主要通貨の対ドルでの上昇率はユーロが6.0%、ポンドが6.2%、豪ドルが4.7%とややスピード違反気味であり、週末と月末を控えてある程度の水準訂正が起きても不思議ではない状態であった。

       6/30 7/31(ドルの安値、通貨の高値) 変化率  7/31終値 
ドル・円 107.92 104.19 3.5% 105.93
ユーロ・ドル 1.1233 1.1908 6.0% 1.1771
ポンド・ドル 1.2400 1.3169 6.2% 1.3080
豪ドル・ドル 0.6904 0.7226 4.7% 0.7141

依然として燻る新型コロナ・ウィルス問題の他に当面の注目すべきポイントとして、
-アメリカ大統領選の行方。
-朝鮮半島の地政学的リスクの増大。
-安倍首相の支持率下落。
などのリスク・オフ要因の他に俄かに緊迫感の増した
-米中関係悪化の可能性。
などを考えると、この104円台から106円台までの水準訂正はドル・円の絶好の戻り売りと考えて身構えて週を迎えたが、月曜日早朝にびっくり仰天のニュースが飛び込んできた。

日経新聞電子版が“セブン&アイ・ホールディングスが米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのコンビニエンス・ストア併設型ガソリンスタンド部門スピードウェイを買収する。”と言うニュースを流した。
この事案は2月の独占交渉では買収金額で折り合いが付かず一旦はご破算に成ったと理解していたが、業績不振に陥ったマラソン側が実施した入札に改めて応じてセブン&アイ・ホールディングスが競り勝った。
買収額は約2兆2千億円で、新型コロナ・ウイルスの感染拡大後で世界最大規模のM&A.案件になる。

2兆2千億円と言うと我が国の2ヶ月分の経常収支黒字に匹敵し、巨額である。
ドル・円相場に与える影響も大きなものに成ろう。
このニュースを受けてドル・円相場は取引開始直後に106.42まで急騰した。

ただ問題はこの内一体幾らが買収資金用の手当てのドル買いの円売り材料となるかが分からないことである。
セブン&アイ・ホールディングスが世界中に展開するセブン・イレブンのロイヤリティー(商標権)は莫大で、ある程度の部分は外貨のままで蓄積されているかも知れないし、ある部分は為替が発生せずにドルで調達されるかも知れない。

こう言ったM&A.事案は昨晩の日曜劇場“半沢直樹”でも垣間見ることが出来たが、取引が極めて秘密裏に行われて資金調達の方法や為替の有無などの詳細を知る由も無い。

今迄幾つものM&A.事案が有ったが、結局は“どの程度外貨転されたか?”が詳らかにされた例は少ない。
106.42まで急騰したドル・円もお昼過ぎには105.80まで反落した。

今朝のこのニュースが無ければ8月のアノマリーと新型コロナ・ウィルス問題プラス上述の四つの要因により、ドルの戻り売りを推奨する積りでいたがこのセブン&アイ・ホールディングスのM&A.案件の詳細がもう少し明らかに成るまで様子を見たい。

中長期的なドル安&円高の流れは変わらないと見る。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.