“夏枯れ相場?”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

8月に入ってようやく長かった梅雨が明けて本格的な夏が到来した。

新型コロナ・ウィルスの影響によるテレ・ワークや夏休みの影響で為替相場の動意も小さくなり、先週の主要通貨の動きを週の終値ベースで比べてみると
       7/31 8/7
ドル・円 105.93 105.92
ユーロ・ドル 1.1771 1.1785
ポンド・ドル 1.3080 1.3054
豪ドル・ドル 0.7141 0.7159
と甚だ小さいものであった。

ドル・円に関しては7月31日金曜日に105.93でクローズする前に東京市場で安値104.19、ニューヨーク市場で高値106.05の値幅1円86銭の結構大きな値動きを見せたが、どうやらこの大きな値戻しの背景には世界最大の投資家である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の大口のドル買いがあったらしい。

当日、新しく就任したばかりの岡村財務官から、“引き続き緊張感を持って為替市場の動向を注視する。”との“何時もの口先介入擬き”が聞かれ、同時に財務省と日銀、金融庁の3者が国際金融資本市場に関する情報交換会合を開催したとの報が流れて一応気にはしていたが、どうやら公的な機関(GPIF)を使って104円割れを防ごうとしたものと思われる。

我が国の貿易収支が大きな黒字から均衡に近付きつつある今、何故に今でも円高阻止に躍起となるのか不可解であるが、円高=景気後退と言う発想が抜けないのであろう。

一般国民としては“自国通貨が強くなるのが何故悪い?物価が安くなって良いではないか?”と思うが、デフレ脱却に頭を痛める政府・日銀としては放ってはおけないか?

先週は注目の7月米国雇用統計発表を波乱なくこなし、現状では何と言っても相互の領事館閉鎖後の
米中関係の行方が気になるところであるが、どうも不気味で仕方ない。

先週から今週に掛けて見聞きしたニュースを挙げると、
ートランプ大統領が9月15日までに人気動画アプリTikTok.の米事業を売却するよう要請しており、それができなければ、営業停止にするとしている。
ーWeChat.を運営するテンセントとの取引を禁じる大統領令に署名。
ー米政府が中国人記者40人のビザ更新許可せず。
ートランプ米政権が香港の自治侵害などを理由に香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官ら11人に制裁を科すと発表した。
ー1979年の断行以降米政府の最高位の高官であるアザー厚生長官が台湾を訪問して蔡英文総督と会談した。
などがあり、これらに対して中国政府は猛烈に抗議しており、報復も辞さない構えだ。

南シナ海において米中両軍による偶発的な軍事衝突の可能性についても否定出来ない。

今週中にライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と劉鶴中国副首相が、米中第1段階通商合意を検証することが計画されている。新型コロナ・ウイルスの感染拡大により、中国の農業・エネルギー分野での購入額が合意目標を下回っているため、米国が合意順守に向けて圧力を掛けることで米中対立が激化する可能性がある。


お盆休みを控えて参加者の少ない市場となろうが、引き続き米中関係に関するニュースのヘッドラインに留意したい。

尚、先週話題にしたセブン&アイ・ホールディングスによるM&A.の話はその後全くニュースが入って来ない。
卓越した情報管理が徹底されているのであろう。
実際のビジネスの世界では、勧善懲悪ドラマの情報駄々洩れの“半沢直樹”とは全く違うものなのだ。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.