「ドル売りに一服感?今晩は新月、明日までは要注意! しかしながらユーロドルは1.20を今月中に窺う展開か?」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

先週は夏休みのため執筆をお休み頂きましたが、2週間前の豪ドル買いコラムは如何でしたでしょうか?
アノマリーの逆らった記事ですが、なんとか今の所思惑通り豪ドル買いが続いております。手前味噌で恐縮ですが、先日の記事も御笑読ください。

【先週の記事】
https://media.gaitame.com/entry/2020/08/05/144358

さて、本日も豪ドルとユーロの見通しについて、持論を展開したいものが多くありますので、前置きは短く、チャート分析とファンダメンタルズ分析をご紹介していきたいと思います。

目次

▼オジドル(AUDJPY)週足、来週も陽線なるか?
▼ユーロドル1.20が見えてきた!購買力平価1.27まで見据えているか?
▼強気相場は変わらないが、注意事項、今晩は新月

オジドル(AUDJPY)週足、来週も陽線なるか?

f:id:gaitamesk:20200819161809p:plain
ドル安の恩恵も受けて上昇相場継続中です。今月は全て週足レベルで陽線です。夏休み中に金、銀などの貴金属相場は、少し崩れはしましたが、今はほぼ値を戻してきています。結局、貴金属類の値段があがれば豪ドルの上昇要因ですので、ポジティブです。
過去の例をあげますと、2011年、NY金が史上最高値の1900ドルをつけた頃、貴金属類も当然価格が高騰しておりました。その時のオジドルのレートは1.00のパリティを超えており、高値圏でありました。
ここまで上昇するとは言い切れませんが、当時のファンダメンタルズを考慮すると、まだまだ上昇のポテンシャルは残しているのではないでしょうか。

先々週のコラム通り、0.7150以下で買い下がり、0.70ストップ、ターゲット0.75は変わらず、です。
買い仕込んだポジションは現在建値にセットしてリスクフリーとなりました。じっくりスイングしていきたいと思います。
今年の世界金融緩和規模はついに全世界で20兆ドルに上った試算が出てきました。
これは全世界のGDP2割に相当する規模です。

当コラムにて、何度もお伝えしておりますが、国が発行する通貨の価値が相対的に価値の減少をしているので、株式市場やコモデティ市場での価格が上昇しているわけでもあります。ビットコインなどの暗号資産もその一つの例です。
基軸通貨は米ドルであり、この緩和総量の中で大半を占めているのが米ドルということなので、やはり、米ドルの価値が落ちている、という解釈は間違いはないでしょう。
っというわけで、度々ご紹介しております、ユーロも例外ではありません。次にユーロドル分析を行います。

ユーロドル1.20が見えてきた!購買力平価1.27まで見据えているか?

f:id:gaitamesk:20200819161859p:plain
今週も陽線で終われば、9週連続で陽線となります。
過熱感が出てきておりますが、1.20の大型オプションが意識される展開となっております。今月中に一度はトライするタイミングがありそうです。
1.19はこの2週間、3度あり、1.17-1.19の大きなレンジ相場を作りましたが、昨晩、明確にブレイクしてきました。
押し目は浅く、サクッと1.20も超えるかもしれません。
RCIの形状は週足レベルで強気を継続中です。RCI26が+80ラインを超えてきますと、成熟トレンドの合図なのですが、ここからは本当に強いトレンドは継続することがよくあります。
動くときは為替相場では2000pips一方通行でいくこともしばしばあることですので、がっちりとトレンドにはのっていきたいところです。

さて、ユーロドルですが本格的にこの上昇と呼べるトレンドが発生したのは1.10〜1.13からです。
1.25のオプションもヘッジファンド勢の中でも売買が増加傾向にありますから、中期的にはここを狙いうちしたトレードがはじまっていくでしょう。
IMMポジションのユーロ買いは過去最高を記録しておりますが、IMMポジションは長期トレーダーのポジションが主です。
過去に、ユーロドルが1.20を割れて、1.03まで下落した際も1年ぐらい、IMMポジションはユーロ売りが過去最高となっておりました。
ですので、現在も似たような現象が起こっているわけです。
IMMポジションはあまり気にするような内容ではないと個人的には考えます。ユーロドルは引き続き上昇方向で勝負したいと考えております。

強気相場は変わらないが、注意事項、今晩は新月

f:id:gaitamesk:20200805143935p:plain
最後に、毎度強気目線一辺倒の記事になり恐縮ですが、注意事項です。
本日は新月です。
金融占星術によるアノマリーでは、新月、満月、つまり大潮の時期は、トレンドに変化が起こりやすいフェーズであることが過去の相場史上、多く見受けられます。
本当に難しい相場になりがちです。
よって、ここで意識したいのが、なんらかの調整的な値動きが今日明日は起こりやすいという訳です。
僕はいつも新月・満月±1日で見ており、明日ぐらいまでは、オジドル、ユーロドルの高値掴みはしないように、気をつけております。
強気目線に変わりはありませんが、追加のエントリーには慎重に、という言葉は補足させて頂きます。


【レベルアップセッション】


【先週のコラム】


【インタビュー】


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.