“8月円高のアノマリーは有効か?”

f:id:okinawa-support:20190819165949j:plain

 

8月は円高に成り易いと言うアノマリー(通常の理論では説明出来ないものの、経験的に観測出来るマーケットの規則性。)が存在する。
1998年から昨年までのデータを見ると、22回中17回円高に成っている。

これは月足ベースで見た場合、月初の始値と月末の終値を比較して月末の終値がドル安&円高に成っている確率が77%(22回中17回)にもなっている事であり、確かにアノマリーと言っても過言ではあるまい。

何故8月は円高に成り易いかと言うと、8月中旬に起きる外債投資の果実分の円転と輸出業者のドル売り予約の台頭だと説明されている。

2020年8月の初日の始値は105.82で8月31日(月)ニューヨーク市場の終値がこれを下回れば今年も“8月円高のアノマリー”は有効であったことに成るが、果たしてどうなるか?
本日ドル・円相場は午後3時現在で105.88近辺で取引されており、微妙なところであるが8月31日(月)ニューヨーク市場の終値はこれを下回り、アノマリーは有効だったことに成るのではないかと思っている。

理由として、
ー24日から27日の予定で共和党大会が開催され、トランプ大統領が指名受諾演説を行うが最近の世論調査では支持率をかなり巻き返しているトランプ大統領が、米国産農産物購入、国家安全保障上の配慮を理由としたティックトックやウィーチャットとの取引禁止の米大統領令、華為技術(ファーウェイ)への禁輸強化などを通じて対中強硬策を進める可能性が有り、リスク・オフとなって円が買われ易い。

ー27日、28日にカンザスシティー連銀が主催する年次シンポジウム、いわゆるジャクソンホール会合が開催され、パウエル議長が金融政策の今後の枠組みの見直しについて講演することが予定されている。
現行の超緩和的な政策の下で、将来的に見込まれているインフレ率の上昇について、中長期的に2%目標に安定して近付くために、一時的に2%を上回る状況を許容するような姿勢を示すなどの変更が見込まれており、インフレ率の2%超え一時許容などの変化は、現状の超緩和的な政策の長期維持につながることから、先週のユーロ売りにより買い戻されたドルに再び売りが広がる可能性がある。

ー先週のニューヨーク株式市場ではダウ30種平均こそ殆ど動かなかったが、ナスダック、S&P.共に連日高値を更新しており、投資家のドル建てポートフォリオ価値が相当上昇していて月末のリバランス(投資家が月末に保有資産の評価替えを行い、それに伴って外貨のバランスを組み替える)でドル売りが出ることが予想される。

簡単な仕組みはこうだ。通常のポートフォリオ構成をドル40%、その他通貨60%とし、このひと月で総資産が100から110へ増加し、ドル建て資産価値が40%から45%へ増加したとする。
7月31日付  8月31日付  8月31日のオペレーション
総資産。          100     110
ドル建て資産価値割合。   40%     45%   5%分のドル売り。
その他通貨建て資産価値割合。60%     55%   5%分のその他通貨買い。

ちょっと乱暴な計算ではあるが、これが月末のリバランスのメカニズムである。

と言う訳で短期的なドルの下げを期待しており、ドルのショートを保持しながら、Sell on rallies.=(上がれば売る。)の戦略が有効と思われる。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.