FXをはじめた初心者はまずローソク足の見方を覚えよう

f:id:navimedia:20200826141401j:plain
FXを始めたばかりの初心者には、勉強すべきことがたくさんあります。
テクニカル分析や手法、チャートの見方…その中でも、まず覚えたいのが「ローソク足」の見方です。


利益に直結しやすいと考えて、難しいテクニックを覚えたがる初心者の人が少なくありません。
しかし、FXトレードにおいて、ローソク足は相場情報を知る上ですべての基本となるものであり、たとえ難しいテクニカル分析を知らなくても、ローソク足の動きや形状を材料にトレードを行い、利益を獲得していくことは十分に可能です。
そこで今回は、初心者が知っておきたいローソク足についてご説明してみたいと思います。

ローソク足は実体とヒゲで構成されている

一口に「ローソク足」と言っても、その形状や並び方、組み合わせには、さまざまなパターンがあります。
だから、そのすべてを覚えようと思ったら大変になります。
そこで、初心者でもトレードですぐに使えるローソク足の基礎と、トレンド転換などの重要なポイントで出現するローソク足の形状から覚えるようにしましょう。


ローソク足とは、ある一定期間の為替の値動きをチャート上で表した図形のことです。
その形状がローソクに似ていることからこう呼ばれます。
1本のローソク足が示す値動きの期間は、チャートの設定によって異なり、「○○足」と表します。
例えば、5分間の値動きを1本のローソク足で示したものは、「5分足チャート」と呼ばれます。


1本のローソク足は、「始値(期間の始まりの価格)」「終値(期間の終わりの価格)」「高値(期間中の最も高い価格)「安値(期間中の最も低い価格)」という4つの値で構成されています。


そして、ローソクの太い部分を「実体」、実体から上下に伸びるヒゲのような細い線を「上ヒゲ」「下ヒゲ」と呼びます。
実体の上端と下端が、それぞれ「始値」または「終値」を表し、上ヒゲの先端が「高値」、下ヒゲの先端が「安値」を表します。

f:id:navimedia:20200826141418j:plain
(外為どっとコム「川口一晃の基礎から学ぶテクニカル教室」より)

 

このように、ローソク足はシンプルな形ながら、一目で「始値」「終値」「高値」「安値」が判断できるという非常に便利なものなのです。


また、ローソク足には、始値よりも終値が高い「陽線」、始値よりも終値が低い「陰線」の2種類があり、一般的なチャートでは陽線は赤色、陰線は青色となっています。

f:id:navimedia:20200826141428j:plain
(外貨ネクストNEOのチャートから)

つまり、赤色の長いローソク足が連続して出現している場面は、高値を更新し続けている上昇トレンド、逆に青色の長いローソク足が並んでいるときは、下降トレンドと判断できるわけです。

ローソク足が示す代表的なトレンド転換のサイン

ローソク足の基礎を理解したら、次はチャート上に特定の形状のローソク足が出現したとき、「トレンド転換」と判断できる代表的なサインをふたつご紹介しましょう。


まず、実体が短く、極端に上ヒゲまたは下ヒゲが長いローソク足です。


例えば、下降トレンド中に、陽線のローソク足で極端に下ヒゲが長いローソク足が出現した場合、「下降トレンドが終わり、上昇トレンドへの転換サイン」と見ることができます。


陽線で極端に下ヒゲが長いということは、一度は大きく安値を記録した後に反発して、終値が始値を超えたということです。
つまり、下降トレンド中であるのに、下落の勢いよりも反発した上昇の勢いが強くなったと判断できるので、トレンド転換の可能性が考えられるわけです。


もうひとつ、トレンド転換のサインとして知られるローソク足の形状に「同事線」というものがあります。
同事線とは、実体がほとんど無く、上ヒゲと下ヒゲの長さがほぼ等しいローソク足のことで、短い十字形をしています。


同事線が出現するのは、始値と終値がほぼ同価格であるときで、さらに両方のヒゲが短いというのは、買いと売りの注文が拮抗している状態ということです。

f:id:navimedia:20200826141439j:plain
(外為どっとコム「川口一晃の基礎から学ぶテクニカル教室」より)

 

例えば、上昇トレンド中に同事線が高値付近で出現すると、買い圧力と売り圧力が同等になり始めたということから、下降トレンドに転換していく可能性が高いのであり、下降トレンドで出現すれば、その逆が起こるということなのです。

f:id:navimedia:20200826141448j:plain
(外為どっとコム「川口一晃の基礎から学ぶテクニカル教室」より)

ローソク足は基礎ながら奥深いもの。正しい見方を学ぼう

テクニカル分析は、過去の価格変動から将来の変動予測を行うものです。
ところが、ローソク足が教えてくれるのは、現在の最新の価格変動です。
ローソク足を見るということは、相場の現状を正しく把握するということでもあるのです。


今回はFX初心者の方々にも参考になるようなローソク足の基本的な内容をご説明してみました。
ローソク足については、「抱き線」「はらみ線」「酒田五法」など、さまざまなチャート・パターンがあります。
ローソク足は、基礎的でありながら、奥深いものです。
ローソク足の基礎を覚えた後は、多種多様なテクニカル分析や手法を学ぶのもいいと思いますが、むしろ、ローソク足についてさらに深く学び、トレーダーとして成長する道もあると思います。
どちらの道を選ぶかは、あなた次第です。


PickUp編集部

さらに詳しいテクニカル分析の紹介はこちらから!

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.