外為のトリセツ「外為注文情報」でトレードの精度を高める

外為のトリセツ

「外為のトリセツ!」は外為どっとコムの膨大な情報とツールの効率的な使い方をご紹介するシリーズ企画です。
今回はトレードの精度を高める「外為注文情報」の活用法を解説します。

「外為注文情報」とは

「外為注文情報」はどのレート水準で指値とストップ注文が出されているかがひと目でわかるツールです。
これは株式の世界で「板情報」と呼ばれるもので、取引する際に多くの投資家が参考にしている情報です。
投資家はこの情報で市場の気配を読み、最終的な売買を判断することもよくあります。

f:id:gaitamesk:20200824133415p:plain
外為注文情報(ドル/円)

板情報はその証券会社・FX会社での注文状況が表示されたもので、市場の一部の状況を表しているといえます。
いわば選挙の投票時の出口調査のようなもので、この情報を参考に全体を推測していきます。

この板情報(=注文情報)を使うことで、ファンダメンタルズやテクニカル分析のみに依存せずトレードの精度を高めることができます。

外為注文情報を表示する

外為注文情報は外為どっとコムのウェブサイトから簡単に表示できます。
さらに「別ウィンドウで表示」のボタンをクリックすると小さいウィンドウとして表示できるので、ほかのツールと併用するときに便利です。

f:id:gaitamesk:20200824135106p:plain
ウェブサイトのほか『外貨ネクストネオ』からも外為情報ナビや外為注文情報にアクセスできる

外為注文情報の基本的な見方

注文情報を読み解くための基本は指値とストップの「注文の偏り」に着目することにあります。
偏りを正しく把握するために、まずは注文情報の基本的な見方を確認していきましょう。

f:id:gaitamesk:20200824135320p:plain

画面中央にあるレートの両隣に目盛りがあります。
これらが注文を表しており、目盛りの1つ1つがその量を表しています。

注文の種類は図のように買い指値、売り指値、買いストップ、売りストップと4種類あります。
この注文の種類、レート水準、注文量を観察することで現在の注文の実勢を読み解くことができるのです。

たとえば上図の107.00円を見ると、左側にひときわ多い目盛りがあることがわかるでしょう。
これはその水準での売り指値注文が非常に厚く(多く)なっているということを示しています。
注文情報の分析はこの厚い注文を探すことから始まります。

注文の「偏り」に着目しよう

注文情報はさきほど確認した例のように一部が突出するなど一定のパターンが出現することがよくあります。
このパターンを覚えておくことで素早くトレーダーの注文状況や思惑を捉えることができます。

一部の指値が厚いパターン

最もわかりやすいものは一部の指値のみが多くなっているパターンです。

買い指値が厚いパターン

f:id:gaitamesk:20200824140317p:plain

特定のレートのみ厚い買い指値が出現しているときは、トレーダーの押し目買い意欲が表出している可能性があります。
こうした厚い指値が現れている水準は節目(ラウンドナンバー)か直近の下値メドである可能性が高く、押し目を拾うために身構えている様子が窺えます。

この指値を根拠にして素直に押し目買いなどのトレードに活かすのも良いのですが、慣れないうちは実際の相場展開をウォッチして、同水準で本当に反発するか否かを見極めるなど分析と観察を重ねることが大切です。

売り指値が厚いパターン

f:id:gaitamesk:20200824140404p:plain

売り指値の一部が厚いときは戻り売り意欲が強く現れている可能性があります。
こちらも節目や直近の高値メドが意識されていることが見て取れます。

実際のトレードにあたってはこの水準で押し戻されるか、または思惑に反して上放れるかを判断する必要があります。
また、エントリーにあたっては注文情報だけではなく事前にニュースで相場の雰囲気をつかみ、チャートもチェックしておくなど複数の情報源を参照することが必須です。

売り・買い指値どちらも厚いパターン

f:id:gaitamesk:20200824140447p:plain

複合型のパターンとして厚い売り・買い指値が双方とも出現することもよくあります。
上図では底堅いとともに上値も重い、いわゆるレンジ相場になっている(とトレーダーが捉えている)可能性が高いです。

値動きが安定しているのでリスクが少ない一方、上下とも値幅が限定されるので直近下値と上値の水準をよく見極めながらエントリーや利食いをすることが求められます。

厚いストップ注文にご用心!

注文情報をチェックするときに最大限の注意を払いたいのがストップ注文です。
ストップ注文は原則として損切りを目的とした注文であり、その水準から上放れる/下放れることをトレーダーが警戒していると見ていいでしょう。

特に同レートで「指値注文より厚いストップ注文が出現」しているときは、その水準が相場の分岐点になっている可能性があるためトレードの際はよく注意する必要があります。
このストップ注文をうまく捉えることが注文情報を最大限に活かすカギともいえます。

一部のストップ注文が厚いパターン

買いストップが厚いパターン

f:id:gaitamesk:20200824140630p:plain

一部に厚い買いストップ注文が出現しているときは、トレーダーがその水準の上抜けを警戒している可能性が高いと考えられます。
相場の下落を見込んで売りポジションを持っているトレーダーの実質的な「損切りライン」であり、実際の相場でもこの前後のレートにあるストップ注文を巻き込みながら上伸する可能性があるため警戒が必要です。

売りストップが厚いパターン

f:id:gaitamesk:20200824140711p:plain

一部に厚い売りストップ注文がある場合は、この水準を下放れると見るトレーダーの存在が想定されます。
こちらも買い方の実質的な損切りラインとなっており、下抜けるとその後に下落が加速する可能性があります。

このように一部のストップ注文のみ突出している場合は上放れるか下放れるか、それともレンジに戻るのかを見極めることが肝心です。
指値に比べてストップ注文が厚い場合は警戒ランクを一段高め、用心してトレードにのぞむべきでしょう。

要警戒!同水準に厚い指値とストップ

指値とストップが同水準に出ているパターン

f:id:gaitamesk:20200824140829p:plain

厚い売り指値と買いストップが同水準に出現している珍しいパターンです。
需給を含めた市場参加者が注目する攻防の分岐点になっている可能性が高く、出現した際は要警戒です。
しはらく様子見のうえ、上下どちらにつくべきかよく考えてトレードに参加する必要があるでしょう。

パターンを見極めてトレードに活かす

ここまでの基本的なパターンを念頭に、現在の相場がレンジ相場か、上昇/下落トレンドか、上放れ/下放れ直前なのかを見極めたうえでトレードを検討します。

実際には厚い指値前後のレートでのエントリーを検討する、厚いストップ注文のレートを超えたところでトレンドフォローを検討するなどの使い方になるでしょう。

レンジ相場継続を想定する場合

f:id:gaitamesk:20200824140940p:plain

売り指値、買い指値の双方に厚い注文がある場合はレンジ相場が続いている(とトレーダーが捉えている)可能性が高いと考えられます。
上の例では最も厚い注文を中心に買い指値、売り指値(決済)の注文を設定しています。

レンジ上放れを想定する場合

f:id:gaitamesk:20200824141029p:plain

ストップ注文が厚い場合はレンジを放れる可能性が高いと見る向きが多いことを示しています。
上の例では買いストップから少し上の水準でしっかり上放れたことを確認してトレンドフォローの買いを入れることを想定しています。

トレンド継続を想定する場合

f:id:gaitamesk:20200824141111p:plain

すこし下の水準で買い指値が厚くなっており、上の水準では買いストップもあり上昇警戒感も見られます。
一方で売り注文は薄く、売り方の勢いがないことがわかります。
上図では押し目があったら拾う、もしくは上昇トレンド確認で成行買いを検討しています。

ほかの情報とも組み合わせて正確な判断を!

ここまで外為注文情報の見方やトレードへの活用法を見てきましたが、これだけを頼りにトレード判断をするのは非常に危険なことです。
実際にはニュース、レポート、月足から分足までの各チャート、テクニカル指標などをしっかり確認したうえで、あくまでも最終的な判断材料のひとつとして注文情報を参照するのが正しい使い方といえます。

なお、マネ育チャンネルで毎営業日掲載している「今日の注文情報」では、注文情報とチャートを組み合わせて、その日のトレーダーの注文状況やその背景、思惑などをわかりやすく解説しています。
まずは記事を参考に注文情報の見方と使い方に習熟していくのもひとつの方法でしょう。

マネ育チャンネル「今日の注文情報」

f:id:gaitamesk:20200824141258p:plain
「今日の注文情報」より
注文情報とチャートを比較することで注文量と値動きの関係をよりわかりやすく表現している

f:id:navimedia:20200115123814:plain

FX投資が初めての方へ!FXの魅力や特徴(初心者編)はこちら

注文情報の特長

外為注文情報 一歩先をいく相場分析(動画)

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.