ドル/円 視覚に訴える形の陰線の出現。素直に売りスタンスを取りたい!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200831065140j:plain


■  ドル/円 視覚に訴える形の陰線の出現。素直に売りスタンスを取りたい! 
先週は、金曜日に高値・安値の両方を付ける展開でした。先週は、週初から方向感のない動きが続きました。特に、実体線が長期の移動平均線の下側で推移する中、何の脈絡もなく戻した火曜日と木曜日の陽線には違和感を覚えました。そして金曜日・・・実体線が長期の移動平均線に差し掛かったところからの突発的な下落・・・結局陰線で引け、先安感を強く感じさせるチャート形成となり、週を越しています。
移動平均線は、短期・中期が上昇しています。ただし、もっと大事なのはやはり、実体線と長期の移動平均線との関係ではないでしょうか。8月中旬に3日にわたり長期の移動平均線水準を攻めたものの失敗、そして、先週金曜日も長期の移動平均線をわずかに上回ったところからの陰線の出現ということで、さすがに買い方の傷口は小さくないものと考えられます。MACDもゼロラインの下側でデッドクロス寸前ということもあり、買い方の威勢も風前の灯となっています。
今週は、素直に売り先行で臨みたいところです。チャート的に買いを示すものは全く見られず、買い方の我慢が限界を超えたところで投げ持ち込まれる可能性が高いと考えるのが妥当ではないでしょうか。ただし、7月31日の安値を一気に割り込むかと言われると、そこまでの弱気にはなれないのが正直なところです。ロットを抑えて、ちょっとでも売られればいいなと軽い気持ちで臨むのがよいかもしれません。

その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 中途半端な動きが続く。様子見が賢明か・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週間を通じた上下の値幅は2円を超えていますが、金曜日の上ヒゲだけで80銭以上ありますので、実質的に1円強の動きという感じでした。全体的に大きな動きを見せない中、やはり、ドル円に釣られて金曜日に陰線を引いた点が注目に値します。中途半端な下落に終始しましたので、どちらかと言うと反発機運の高まりを感じさせるかもしれません。
今週は、少し様子を見てみたい感じがします。先週金曜日に上ヒゲを伴った陰線が出現しましたが、やはり実体線の居場所が高い位置をキープしていることを考えると、売るならユーロ円よりもドル円という選択が合理的なように思います。MACDが下向き推移を続けており、若干イヤな雰囲気もありますが、かと言って積極的に売れるチャートではないと現時点では考えています。

■ ポンド/円 何とも判断に苦しむ金曜日の足形・・・ 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週を通じての値幅は3円を超え、そこそこ動いた印象はもちろんあるのですが、それにもまして目立つのは、金曜日の上下にヒゲを伴った寄引同時線の足形ではないでしょうか。高い位置で実体線が引けていますのでチャート的に悪くはありませんが、やはりこれだけ長い上ヒゲを伴ってしまうと、易々と買い進むわけにもいかないでしょう。
今週は少し様子を見るべきではないでしょうか。チャートが良い悪いの話ではなく、とにかく「不気味な足形」に敬意を表すべきではないかと考えるのです。もちろん、先週金曜日の上ヒゲをモノともせず買い進むような動きが見られるようであれば、それはすかさず買い先行のスタンスを取ってよいと思います。逆に、妙に弱含むようであれば、押し目買いは厳禁と考えます。

■ オージー/円 買い方有利の展開。素直に買いスタンスを取りたい! 
先週は、月曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。奇妙な足形の形成となったポンド円と比較すると、オージー円の方がより力強さを感じさせる越週となっています。7月22日の戻り高値を木曜日に上抜け、金曜日も上値追いの動きを見せ、しかも高く引けたという事実を伴っていますので、素直に買い先行スタンスで臨むということでよいのではないでしょうか。
今週は、買い先行のスタンスを取りたいところです。MACDのダイバージェンシーを除けば、チャート的に見て買いスタンスに躊躇すべき点は全く見られないからです。ただ、ボリンジャーバンドの幅があまり広がっていない点はやや気がかりで、引き続きボラティリティの低い展開が続くとすれば、高いところ買って逆指値の損切りにかかる展開は想定しておく必要がありそうですね。努めて買われているところを追いかけて買いスタンスを貫きたいところです。

■ ユーロ/ドル 突如出現した陽線。素直に強いと判断したいが・・・ 
先週は、木曜日に安値を付け、金曜日に高値を付ける展開でした。週初からグダグダした動きが続き、木曜日に上値を試すも上ヒゲを形成、一体どうなることかと思っていたら金曜日に陽線が出現し、何と木曜日の上ヒゲを上抜けして高く引けました。チャートの形状としては売り方がいったん降参した形になっていますので、これは買いスタンスを取らざるを得ないのではないでしょうか。
今週は、買い先行のスタンスをとりたいところです。先週金曜日の陽線はそれに値するインパクトを有していると考えるからです。気がかりな点があるとすれば、実体線が18日の高値を超えてきた時点で、かなり高い確率でMACDがダイバージェンシーを形成することが予想されるところでしょうか。ただ、だからと言ってチャート的に売りを示すものはなく、慎重に買いスタンスを取りたいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200831065259j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.