“調整の週。”

f:id:okinawa-support:20200907163521j:plain


先月初である8月3日のドル・円相場の始値は105.82、月末8月31日の終値は105.90で月足ベースでの“8月は円高。”のアノマリーは今年は僅かながらの差で外れてしまった。

9月に入ってからの先週の為替相場の動きは、ドル・円は106円を挟んでの小動きに終始したが、ユーロ・ドルは大台の1.20を超えた後三日で1.170台まで急落し、ポンド・ドルも1.3482の高値から1.31台まで急落するなど、ドル安の調整が顕著な週となった。

もっと顕著な動きは株価と金やWTI.先物の大幅下落である。

以下は先週の主要通貨と株価、金、原油先物の価格の変化を表している。

        8月28日 9月4日 変化    週の高値  週の安値
ドル・円 105.34 106.22 円安 106.54 105.29
ユーロ・ドル 1.1904 1.1839   ユーロ安 1.2010 1.1781
ポンド・ドル 1.3349 1.3277 ポンド安 1.3482 1.3175

ダウ 28,653.87 28,133.31 -1.8%
ナスダック 11,695.63 11,313.14 -3.3%
S&P. 3,508.01 3,426.96 -2.3%

金 1,974.9 1,934.30 -2.0%
WTI.先物 42.97 39.77 -7.4%

中でもハイテク株中心のナスダックの下げが顕著で、木曜日と金曜日の二日間だけで6.5%の下げを記録した。
連日のナスダック最高値更新のニュースを聞く度に過熱気味ではないかと思っていたが、どうやらその裏にはソフトバンク・グループによる巨額のハイテク株へのオプションのコール(買う権利)購入があったらしい。
コール・オプションの売り手は株価がストライク・プライスを超えると無限の責任を負うことになるので、現物株を買ってヘッジせざるを得ず、上がるから買う、買うから上がる、上がるからもっと買う、買うからもっと上がると言う過熱相場に成ってしまった。
木曜日のナスダックの600ドル近い暴落が果たしてソフトバンク・グループによる利食いなのかどうかは定かではないが、提灯を付けて買い向かっていた個人投資家は痛い目に遭ったかも知れない。
折しも個人投資家がネット取引で多用する米ネット証券のロビンフッド・ファイナンシャルが顧客の注文を超高速取引業者(HFT)に回送している事実の開示を怠っていたとして、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けているとの報道が有ったが、これも株価の下げを加速させたのかも知れない。

株価やコモディティーの下げは当然リスク・オフの動きを誘い、安全資産であるドルと円や米債に買いが入るが、金曜日の債券市場では逆に売りが入って10年債は前日から+0.085%の0.721%で引けた。
この米長期金利上昇がドル・円相場の堅調地合いを保っているのだが、どうも一筋縄では行かない。

我が国では菅官房長官が次期総裁候補に立候補して安倍路線の踏襲(言い換えればアベノミクスの踏襲)を一面に押し出しているが、安倍首相辞任表明で一時600円近く下げた日経平均株価や105.21まで円高が進んだドル・円相場も今は落としどころを探っている感じがする。
個人的には今はすっかり色褪せたアベノミクス(或いはスガノミクス?)がどうなろうと相場には影響は無いと思うのだが如何であろうか?

今日はレーバーデイでニューヨーク市場が休場で、先週の株価とコモディティーの価格調整が更に進むかは明日からの動きを見るしか無いが、幾度となく述べた不気味な米中関係と不透明な米大統領選の行方などのリスク・オフ要因を考えるとドル・円相場が大きく上がるとも思えない。

かと言って現時点では突発的な事が起きない限り、ドル・円相場が大きく下げるとも思えない。

暫くは105.00~107.00の狭いレンジ取引が続くのであろうか?

今週はECB.理事会が開催されるが政策金利の変更は無い。
先週のユーロ下げのきっかけとなったECB.高官のユーロ高懸念がラガルド総裁によって再び指摘されるようであれば更なるユーロ下げも期待出来るが、中期的なドル安&ユーロ高の流れは変わるまい。
ユーロ安によるドル高でドル・円が107円に近付く様な展開に成ればドル売り戦略も面白かろう。

top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.