ドル/円 チャートに素直に売りスタンスを取るべき!

f:id:okinawa-support:20190822164550p:plain

 

今週の注目通貨ペアはこれだ!

f:id:okinawa-support:20200921090302j:plain


■  ドル/円 チャートに素直に売りスタンスを取るべき!  
先週は、月曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。月曜日の陰線で何気なく下の方へ向くのかという雰囲気を見せましたが、週を通じて戻りを見せる局面はほとんどなく、8月のトレードレンジを下回っての越週となっています。終値ベースで7月の安値も下回ってきていますので、買い方のポジションはやや苦しくなってきていると言えそうですね。
移動平均線は、3本とも下落しました。長期>中期>短期>実体線という並び順が形成され、下落トレンドが継続しているという判断でよいでしょう。MACDもゼロラインの下側でデッドクロスを形成しており、さらに下向きの動きを継続しています。MACDがダイバージェンシーを形成している点はやや気になりますが、それ以外は売り方有利の状況と言えるのではないでしょうか。
今週は、売り先行で臨みたいところです。ボリンジャーバンドの幅もなかなか広がらず、ボラティリティの高まりを感じさせる状況には程遠いと言えますが、先週の戻りの鈍さを見る限り、戻れば戻ったで高い確率で買い方の戻り売りが持ち込まれる可能性が高いのではないでしょうか。中期・長期の移動平均線が下向き推移に転じたことからもわかるように、下側のリスクは小さくないと考えておいた方がよいと思います。

その他 通貨ペア分析


■ ユーロ/円 買い方も、いよいよ疲れてしまったのか・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週初からやや軟調な動きとなり、週央に8月のトレンドレンジを下抜けました。木曜日にやや下押ししたものの下ヒゲを伴って戻し、金曜日も何とか値を保っている状況です。実体線が長期の移動平均線で下支えされている様子はチャートからも窺えますが、さて、ここで本当に下げ止まるのでしょうか。
今週は、やや売り方向で見てみたい感じがしています。先週後半の下落を耐え忍んだものの戻りの鈍さは否めず、実体線が短期・中期の移動平均線の下側に位置している状況が継続している点は買い方にとってかなりマイナス要因が大きいと思います。急反発を見せれば話は別ですが、最低でも先週水曜日の陰線水準を早期に回復しない限り、売り方優位の展開が継続するのではないでしょうか。

■ ポンド/円 扱いにくい動きが続くが、やっぱり下では・・・ 
先週は、月曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。週を通じた値幅は2円強とそこそこ動いているのですが、木曜日の下ヒゲの長さが極端に目立ち、これを除くとポンド円にしては小動きだった印象です。また、他の対円の通貨ペアと動きを異にするケースが多く、アウトライトのトレードはかなり困難を極めたのではないでしょうか。特に、木曜日の下ヒゲで戻した後の金曜日の下落には、買い方も唖然としたことと思います。
今週は、売り先行で臨みたい感じがしています。先週、他の対円の通貨ペアと動きを異にする展開が多く見られただけに売り先行スタンスを取ることに恐怖も感じますが、かと言ってこのチャートでは、買い先行スタンスを取る選択はありません。先々週の下落の傷が癒えない中、先週も結局は下押しして越週した点を重く捉える必要があるのではないでしょうか。

■ オージー/円 どちらかと言うと下なのかな・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、金曜日に安値を付ける展開でした。火曜日にやや上値追いの動きを見せたものの、結局上ヒゲを形成してしまい、週を通じてダラダラ下落する動きが続きました。週末の引けのレベルは8月下旬の水準まで押し戻されており、買い方にとっては不気味なチャート形成と言えるでしょう。
今週は、売り先行で臨みたいところです。ボリンジャーバンドの幅が全く広がらず、ボラティリティの高まりを感じさせる状況ではないかもしれませんが、先週の動き、特に先週後半の上ヒゲの形成の状況を見ていると、「戻れば売りたい」という買い方の悲鳴のようなものも感じさせられます。値段が下がったからと言って買いから入るストラテジーはおそらくワークせず、投げさせられる可能性が高いような気がします。

■ ユーロ/ドル 全く動かない・・・ 
先週は、火曜日に高値を付け、木曜日に安値を付ける展開でした。木曜日の下ヒゲを別にすると、「週を通じてほとんど動いていない」という印象を受けます。ボリンジャーバンドの幅も狭まる一方で、1.18台の前半が居心地のよいレベルということなのかもしれませんね。しかし、このまま揉み合いを続ける保証はどこにもなく、いつ動いてもいいように準備は必要でしょう。
今週は、様子を見るよりないのではないでしょうか。先々週のように上を試せば上ヒゲで跳ね返され、先週のように下を試せば下ヒゲで跳ね返され、トレンドフォローのトレードスタイルがワークスするにはまだ時期尚早なのかもしれません。ただし、先々週の高値及び先週の安値は、レンジブレイクアウトの明確なチャートポイントになると思います。損切りさせられるかもしれませんが、こうしたレンジブレイクアウトはしっかりとリスクテイクのターゲットとしたいところですね。

今週のチャートリーディング ~相場の強さ~

f:id:okinawa-support:20200921090316j:plain

 

※例:「 ドル < 円 」ドル安、円高。 「<」が多いほどトレンドが強い。
情報提供元:(株)チャートリーディング
本レポートは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、株式会社チャートリーディングならびに株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。
top
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第119条により罰せられますのでご注意ください。 尚、本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。 店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。><『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。> 株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065 金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509) (C) Gaitame.com Co.,Ltd. All rights reserved.