FX「トルコ政策金利発表に注目」注目の高金利通貨 トルコリラ/円 11月18日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

トルコリラ/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20201118141038p:plain

直近1週間のポイント

☆中銀総裁更迭、財務相辞任で利上げ期待高まる
・エルドアン大統領、利上げを容認
・通貨当局がスワップ規制を緩和

足元のトルコリラ/円は過去最安値からの急反発が一服

リラ/円は6日に12.012円前後まで下落して過去最安値を更新していましたが、トルコ中銀総裁の更迭やトルコ財務相の辞任を受けて急反発。
金融当局首脳の交代によって、リラ安の主因であるインフレ率上昇の抑制に向けた動きを強めるとの期待が浮上しました。
エルドアン大統領が「通貨への信認を再構築する」と述べて利上げの容認とも取れる発言をした11日には13.50円台へと上昇。
トルコ当局が為替スワップ取引の規制を緩和した事などもあって、13日には約1カ月半ぶりに13.829円前後まで上値を伸ばしました。
ただその後、17日には一時13.30円台に押し戻されるなど、ショートカバーの動きは一巡した模様です。

目先の注目ポイントは政策金利

19日に行われるトルコ中銀金融政策決定会合が最大の注目イベントとなります。
ウイサル氏に代わり新総裁に就任したアーバル元財務相は「物価安定のためにあらゆる手段を講じる」と表明しており、市場では利上げ期待が高まっています。
現在10.25%の政策金利がどこまで引き上げられるかが焦点で、市場は15.00%への引き上げを見込んでいます。
利上げ期待が高まる中、利上げ幅が予想を下回るようなら市場の失望を誘う事になり、リラが急落する可能性も否定できません。
19日の金融政策決定会合では、アーバル新総裁の覚悟と力量が試される事になりそうです。

来週までのトルコリラ/円の見通し

予想レンジ
12.750~14.250円
基調
不安定

来週までの注目ポイント

☆11/19 トルコ中銀政策金利
・主要国株価、国際商品価格

「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|トルコリラ/円(TRYJPY)|60分足」はこちら 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top