「『見直し条項』ってナニ? 進展をみせるか貿易交渉」リミット迫る 通商交渉の行方 英国EU離脱特集

ブレグジット

英・EUとの貿易交渉において、23日には「見直し条項」という新たなキーワードが出てきた。
漁業権などの懸案事項に決着のメドがたたないため、協定の一部を数年ごとに見直すことができるというもので、交渉全体の進展に弾みを付けるという狙いがある。
ただ、見直し条項を入れることは、実質的な問題先送りとも捉えられるため、ポンドにとっては悪材料になり得る。

見直し条項の議論を受けてか、25日に欧州委員会のフォンデアライエン委員長は英国との交渉に進展があったと明かした。
同時に「ここ数日がカギを握る」とも述べている。

ポンド円 日足

ポンド米ドル 日足

ポンド豪ドル 日足

ユーロポンド 日足

<英国EU離脱特集>

「為替チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/円(GBP/JPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/米ドル(GBP/USD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ポンド/豪ドル(GBP/AUD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

「高機能チャート|ユーロ/ポンド(EUR/GBP)|60分足」はこちら

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top