「政策金利は変わらず 消費者物価指数に注目 」知っトク!メキシコペソ 2020年12月18日

知っトク!メキシコペソ

メキシコ中銀は17日の金融政策決定会合で政策金利を4.25%に据え置いた。声明では「インフレ見通しを巡る不透明感から据え置きを決めた」と説明。5人の政策委員のうち3人が据え置きを支持した一方、2人は4.00%への利下げを主張した事も明らかとなった。利下げサイクルを再開する前に、足元のインフレ鈍化が一時的なものかどうかを見極める姿勢を示したものと考えられる。

メキシコ中銀の決定に対するペソ相場の反応は限定的で、市場の関心は23日に発表される12月前半の消費者物価指数来年1月7日の12月消費者物価指数に向かっている模様。なお、次の金融政策決定会合は来年2月11日に開催される。

メキシコペソ円 日足



【高金利通貨特集】メキシコペソ/円」 ページはこちら
「為替チャート|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top