「金融市場は不穏な値動き?今週から相場の空気が変わった、調整がくるかも・・・。」ひろぴーの 実践!FXトレードストラテジー

f:id:gaitamesk:20190819120311p:plain

今週に入ってからですが、トレーダー的な感覚で市場の空気が変わりました。 何を言っているか理解されないかもしれませんが、個人的には嫌なプライスアクションが出始めているという認識です。ここ数ヶ月の相場とは少し違った値動きをしているように感じるレベルで起きているという意味になります。 特にドルストレートの通貨ペアでドル安相場が、4〜8週間続いておりましたが、その流れが変わりつつある、といったほうがわかりやすいでしょうか。 つまり、ここから先は少し注意しなければならないフェーズに入ったということです。 長らくユーロドルやオジドルのロングポジションを持っておりましたが、クローズと調整が深くなるテクニカルがいくつか出現しておりますので、本日はそのご紹介をしたいと思います。

目次

▼オジドル(豪ドル米ドル)週足、久しぶりに陰線か?
▼高値圏で揉み合うパターンもある!
▼ユーロドルの調整フェーズは始まっている?

オジドル(豪ドル米ドル)週足、久しぶりに陰線か?

f:id:gaitamesk:20201223154124p:plain

オジドル週足です。 およそ2ヶ月間、上昇トレンドを維持してきましたが、久しぶりに陰線を形成中です。今週はオプションが絡みやすい0.7500のサポートを一時割り込むことがありました。 ロングポジションがつかまりやすい値動きになりそうです。

その証拠に4時間足では、

f:id:gaitamesk:20201223154139p:plain

上昇トレンドラインを少しずつ割り込みました。 トレンドラインを割り込むと下落リスク増大となるでしょう。 RCIの形状もRCI52がこれからまもなく0.0ラインに差し掛かります。 RCI26は、-80ラインを割り込み始めており、ちょうど下降トレンドがテクニカル的に加速しやすいタイミングでもあります。 4時間足ベースでは戻り売りの局面になっており、ロングは少なくとも一部手仕舞いをするタイミングではないかと考えております。

よって長らく持っていたポジションですが、筆者は一度ポジションを全てクローズ致します。 数週間にわたるロングポジションは、大きく収益を得られたと思います。 このあと、短期的に戻り売りを狙うのもよし、深い押し目買いを狙うもよしだと思いますが、週足はまだまだ上昇トレンド中です。 調整期間は、4時間足ベースでは1-2週間ぐらいでイメージをしております。

下値のターゲットは0.7340のサポートラインと仮の目安を立てました。 ここまで押す可能性を十分に考えて、調整相場に備えたいと思います。

高値圏で揉み合うパターンもある!

もう一つのパターンです、下落しなくとも、高値圏で揉み合うケースの調整パターンも存在します。その場合は下記をイメージしております。

f:id:gaitamesk:20201223154157p:plain

このような三角持ち合いを形成していく相場では、失点を増やしやすいフェーズです。 売ったり買ったりを繰り返して、この1ヶ月であげた収益を大きく減らしやすいので注意しましょう。

ですので、高値圏の持ち合いを予めイメージできるようになると、大幅に失点が減らせるトレーダーになれます。実際に、この領域は失点をしない段階ではイメージをしにくいのですが、未来のリスクを考慮してトレードできるようになりますと、おのずとドローダウンは防げるようになります。 ぜひ意識してください。ちなみにこの三角持ち合いや並行チャネルレンジを形成したとしましょう。

この高値圏でのレンジ相場を終えるタイミングは目安としては、RCI26や52が-80圏内に下落しつつも、その後、ボトム圏内張り付かず、方向感を完全になくした頃です。 このような値動きが出ますと、RCI26もふわふわと0.00〜-80の間で推移をはじめます。下落リスクが減ってきた証拠です。このフェーズを終えたら、次のトレンドに向けての充電がしっかりと完了するでしょう。これらを想定し、再度、売りなのか、買いなのか、ファンダメンタルズを考慮して発信していきたいと思います。この所感はお正月明けから発信できると思います。

ユーロドルの調整フェーズは始まっている?

f:id:gaitamesk:20201223154218p:plain

ユーロドル4時間足もみておきましょう。

トレンドラインが右方向に抜けてきております。オジドルよりも弱い格好です。 すでにRCI26と52は下落、且つキーポイントとなる箇所から下落に転じました。 次の下落トレンド加速タイミングは、RCI52が0.00を割り込むタイミング、またはRCI26 が-80圏内に沈むタイミングです。

サポートラインである1.2130付近まで追い込んでいれば、ロングポジションの投げが入り、相場が走ると思われます。 この値動きをイメージした短期的な戻り売り戦略はありでしょう。 ターゲットは1.2050~70ぐらいのイメージです。 リスクリワードを考慮して短期的な戻りトレードは成立しやすいかもしれません。 もちろん、ユーロドルのスイングポジションは決済してからとなります。こちらは200pipsぐらいの収益となりました。

これから年末相場になり少しずつ閑散相場になっていきます。流動性が薄いので、思いもよらぬプチ急落プチ急騰がありますのでご注意ください


なお、本日のコラムをもって、年内更新は最終となります。今年1年も大変ありがとうございました。次回は年明けの1月6日水曜更新となります。 みなさま、よいお年をお迎えください。来年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。


【ひろぴー氏登壇セミナー】


【先週のコラム】


【インタビュー】


「外為注文情報」はこちら

ひろぴー
FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や仮想通貨取引所のコラムニストとして活動の場は多岐に渡る。自らのトレーディングノウハウから、ユーザビリティの高いインターフェース総監督を担う。FX会社や金融プラットフォーム開発エンジニアリング企業、仮想通貨取引所へのコンサルティング業が主。Twitterのフォロワーは2万人程。 2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top