「21年のドル/円は落ち着いた滑り出し」 外為トゥデイ 2021年1月4日号

f:id:gaitamesk:20190816133345p:plain

目次

▼31日(木)の為替相場
(1):中国製造業PMIやや低下 回復基調は継続
(2):米失業申請 前週から改善
(3):年末ロンフィクでドル強含む

▼31日(木)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報

▼本日の見通し

▼ドル/円の見通し:
主要株式市場の動きに注目

▼注目の経済指標

▼注目のイベント

31日(木)の為替相場

f:id:gaitamesk:20210104091351p:plain期間:31日(木)午前7時10分~1日(金)午前6時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):中国製造業PMIやや低下 回復基調は継続

中国12月製造業PMIは51.9と予想(52.0)を僅かに下回り、約3年ぶりの高水準だった前月(52.1)から小幅に低下した。ただ、活動拡大・縮小の節目である50.0を10カ月連続で上回っており中国景気が安定的に回復しているとの見方に変わりはなかった。

(2):米失業申請 前週から改善

米新規失業保険申請件数は78.7万件と市場予想(83.5万件)を下回り、前週(80.6万件)から改善した。

(3):年末ロンフィクでドル強含む

年末最終日のロンドンフィキシング(日本時間25時)に向けたドル買い観測から、ドル/円が103.31円前後まで上昇。対ユーロや対豪ドルでもドルが強含んだため、ユーロ/円や豪ドル/円は上値が重かった。

31日(木)の株・債券・商品市場

f:id:gaitamesk:20210104091222p:plain

外為注文情報

<外為注文情報はこちら>

f:id:gaitamesk:20210104091526p:plain

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

本日の見通し

f:id:gaitamesk:20210104091455p:plain

ドル/円の見通し:主要株式市場の動きに注目

2021年のドル/円は103円台前半でスタート。年末年始の休日中も、世界規模で新型コロナウイルスの感染拡大が続いたが、為替市場は落ち着いた滑り出しとなっている。昨年末に31年ぶりの高値を付けた日経平均株価をはじめ、過去最高値を更新した独DAXやNYダウ平均など、主要株式市場の動きが本日の焦点になりそうだ。日本株については、新型コロナ対応策に言及すると見られる菅首相の年頭会見(11時)の影響も気になるところだろう。

もっとも、市場は明日5日の米ジョージア州上院決選投票の行方に強い関心を寄せている。主要株式市場に大きな崩れがなければ為替市場の落ち着いた動きも続く事になろう。ドル/円は、102円台後半の下値支持と103円台後半の上値抵抗の間でもみ合う展開が続きそうだ。

注目の経済指標

f:id:gaitamesk:20210104091601p:plain

注目のイベント

f:id:gaitamesk:20210104091624p:plain
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top