ダイジェスト  FX【セミナー】初心者必見!チャートリーディングでトレードセンスがメキメキ上昇「井上義教氏」 2021/1/27

 

動画配信期間:2021/1/27~
実践的なトレード力の強化に着目した「井上式 カワセ★ドリル」セミナーを開催!
井上氏が考え抜いた数々のドリルを時間内に解くことで、トレードセンスがメキメキ上昇!?
楽しみながら知識やノウハウを習得できる内容になっています。
FXトレードでなかなか成果を出せない・・・という方はひとりで悩まず、この機会に「先生」や「仲間」と一緒にレベルアップを目指しましょう。

f:id:gaitamesk:20210128120226p:plain

まずは、講師の井上義教さんが提言する「チャートリーディング」について解説。チャートを見て、どちらの方向に動こうとしているのかを占うのが、チャートリーディングの本質であると。そのなかでも注目はローソク足。
ローソク足は
・高値・安値を更新しているかどうか
・陽線あるいは陰線が数多く出現しているかどうか
・大きな陰線・大きな陽線が出現しているかどうか
この3つが非常に大きなポイントだと解説しました。また、3本の移動平均線の向きと順番、ローソク足の実体線との関係をしっかりと見ていくということが重要になるとのことでした。(動画:1分03秒ごろから)

f:id:gaitamesk:20210128121635p:plain

(動画:2分40秒ごろから)ここからは井上さんが作成した「カワセドリル」を解き進めていきます。5つの通貨ペアのチャートを眺め、どの通貨ペアでどのようなトレードをしたいと思ったか、今後の動向の予測も含めて外為どっとコム総研のスタッフに質問しました。スタッフはユーロ円とユーロドルに着眼。この見方、考え方について井上さんに丁寧に解説いただきました。

f:id:gaitamesk:20210128122830p:plain

(動画:36分26秒ごろから)第3問は直近のチャートで特徴的なもの選出。トレードする時のポジション量について考えさせるドリルが出ました。井上さんは相場のトレンドが強い時はポジション量を増やしたり、弱い時は控えめにするなど、相場観の強弱を見てポジション量を調整することが大事だと仰っていました。

f:id:gaitamesk:20210128142723p:plain

セミナー後にはたくさんの感想が届きました。


「最近FXの勉強を始めた者です。どんな事をやるのか楽しみにしていたのですが、予測立て、楽しかったです。
皆さんのコメント見つついろいろ考えながら見れた1時間ですがあっという間でした。次回も楽しみにしてます。」

「順張りブレイクに徹底していてとても参考になります。」

「講師の方のお話がためになるのはもちろんのこと、今回コメントでほかの方々がどう感じてトレードされているのか知ることができてとても面白かったです。またやってほしいです。 」

「毎月雇用統計セミナーを拝見していて、今日youtubeで偶然ライブ配信を目にして参加しました。 このようなトレードドリルセミナーは非常に新鮮で、とても勉強になりました。 セミナースケジュールをチェックして、次回もぜひ参加したいと思います。ありがとうございました!」

inouey_96_130.jpg井上義教
株式会社チャートリーディング 代表取締役 昭和39年東京都生まれ。 昭和63年大阪大学経済学部卒業、同年大和銀行入行、平成3年よりロンドンの証券現法にてディーリング業務に従事。 平成15年に退社するまで為替・債券・スワップ市場を歴任、チーフディーラーとしてチームを統括。 平成28年 株式会社チャートリーディング設立とともに代表取締役に就任。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top