ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を1月7日突破しての上値目標135円域依然変わらず。1月15日付本稿以降PF上意味のある動き依然なし。

ユーロ・円相場:中長期下降トレンド(DPS=134円域)、短期下降トレンド(DPS=128円域)の中、直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を17日突破しての上値目標135円域依然変わらず。115日付本稿以降PF上意味のある動き依然なし。

 

 

2021年、今年も皆様の「資産を殖やす」ことにお役に立てればと只管願っております。

 

2021212日(金)現在のPFによるユーロ/円の『実戦相場予測』は以下の通りです。

 

f:id:matsumoto_fx:20210215083601j:plain

EURJPYのPF



 

 
ユーロという通貨が誕生したのは991月ですが、それ以前はECU1ユーロ=1ECUという関係にある)とつなげてユーロ/円相場を見ています。


『相場の森 』:  


90
4月のユーロ(ECU)/円=194円を起点とする中長期下降トレンドが16年超も続いていましたが、この中長期下降トレンドのデインジャー・ポイント・ショートである146円域を066月に上方に突破したことで中長期下降トレンドが壊れました。

その後、0010月の89円域を起点とする中長期上昇トレンドは8年間継続しましたが081022日中長期上昇トレンドのDP126円域を下方に突破し壊れ、08721日の169円域(終値16946銭)を起点とする中長期下降トレンド を形成しました。 1056日(終値11383銭)安値を更新したため広域の中長期下降チャネルが形成され、デインジャー・ポイント・ショート 139円域に引下げ。


更に1199日(終値10591銭)直近の安値を更新したため下降トレンドの抵抗線(上の線)の接点が変わり、引き直し、それに伴ってデインジャー・ポイント・ショート(DPS)139円域から123円域に引下げ。

更に、13131日、中長期下降トレンドのDPS123円域を突破し、中長期上昇トレンドに転換、デインジャー・ポイント(DP)は99円域。さらにデインジャー・ポイントを引きあげて118円域。

更に1411月14日デインジャーポイントを124円域に引き上げ。そのデインジャーポイントを2,016222日突破して壊れ、新たに
149
円域を起点とする中長期下降トレンド形成、DPS150円域。20164DPSを引き下げて141円域。更に20169月、DPSを引き下げて132円域。
2017
914日、DP132円域を突破し、中長期上昇トレンドに転換、DP121円域となります。
2019
529日、DP121円域を突破し、中長期上昇トレンドは壊れ、中長期下降トレンドに入りました。DP134円域となります。
中長期下降トレンドは134円域を上方に突破しない限り存続します。

 

『相場の木 』:  

 


2018
228DP130円域を突破し、短期上昇トレンドは壊れました。更に20185232度続けてバランスを下方に突破し短期下降トレンド形成。DPS=134円域となります。2019529日、DPSは引き下げて128円域となります。



 

直近のバランスの上方へのブレークアウト・ポイント127円域を17日突破しての上値目標135円域は依然変わらず。115日付の本稿以降、PF上意味のある動きはありませんでした。

 

 

 

松本 鉄郎
東京銀行、Citigroupを通じトレーディングや資産運用業務に従事。その実戦での対象は外国為替、国内外株式、国内外債券、短期金融商品、商品、ヘッジファンド、不動産、プライベートエクィティ等極めて広範囲に及ぶ。『ポイント&フィギュアによる実戦相場予測』を講演会やメディアを通じ広める。
●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top