「南アランド/円 ロシアルーブル/円が強い」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年2月8日~2月12日

FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキングタイトル


外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2021年2月8日~2月12日の営業日

▼変動率ランキング
全体的に低調推移


▼スワップポイント累計ランキング
ユーロ/トルコ(売)が5週連続首位


▼取引高ランキング
大きな変動はなし


▼まとめ

変動率ランキング:全体的に低調推移

期間中の為替相場は、総じて動意が薄くいまま取引を終えた

変動率第1位の南アランド/円は、12日間陽線が続く上昇トレンドを演じた。新型コロナウイルスの変異種拡大というネガティブ要因がありながら、南ア株の好調さや、脱炭素社会を実現するうえで欠かせないとされるプラチナ価格の上昇などで、ランド高が続いた印象だ。

第2位のトルコリラ/円は、週初に売られる場面があったが週末にかけて回復した。18日にトルコ中銀による政策金利発表が控えているが果たしてリラ高堅持となるか。

第3位のロシアルーブル/円は、11日の連騰であり堅調な上昇が続いている。昨年末からの原油価格上昇がルーブル高に寄与していると考えられる。

ドル/円は変動率1.21%の10位になった。変動率自体はこれまでと大差がないが、他通貨ペアの変動率が落ちたための棚ボタ的な上昇になった。期間中、テスラ社が暗号資産(仮想通貨)のビットコイン購入を公表、これを受けてビットコインが急騰。法定通貨である米ドルの下押し要因となった。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアのうち2通貨ペアと、前回の6から減少した。その内3%以上の変動幅を記録した通貨ペアは無く、こちらは前回の5から減少した。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 ZAR/JPY 2.76% 7.223 7.029
2 TRY/JPY 2.29% 14.993 14.657
3 RUB/JPY 1.93% 1.425 1.398
4 USD/TRY 1.90% 7.1375 7.0047
5 EUR/TRY 1.78% 8.6092 8.4584
6 AUD/USD 1.58% 0.77718 0.7651
7 MXN/JPY 1.48% 5.267 5.19
8 USD/CHF 1.45% 0.90189 0.88896
9 GBP/USD 1.35% 1.38654 1.36801
10 HKD/JPY 1.21% 13.621 13.458
10 USD/JPY 1.21% 105.669 104.408
12 EUR/NZD 1.19% 1.68477 1.66493
13 NZD/USD 1.10% 0.72537 0.71749
14 SEK/JPY 1.09% 12.634 12.498
15 EUR/USD 1.08% 1.21494 1.20198
16 AUD/NZD 1.06% 1.07583 1.06458
17 NZD/JPY 1.04% 76.129 75.346
18 AUD/JPY 1.03% 81.477 80.647
19 NOK/JPY 1.01% 12.422 12.298
20 GBP/JPY 1.00% 145.481 144.034
21 USD/CAD 0.98% 1.27821 1.26585
22 CAD/JPY 0.97% 82.763 81.966
23 CNH/JPY 0.85% 16.379 16.241
24 CHF/JPY 0.83% 117.889 116.913
24 AUD/CAD 0.83% 0.9858 0.97766
26 GBP/AUD 0.76% 1.79261 1.77906
27 SGD/JPY 0.70% 79.247 78.693
28 EUR/JPY 0.69% 127.303 126.432
29 EUR/AUD 0.67% 1.57167 1.56117
30 EUR/GBP 0.60% 0.87967 0.87439

 

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコ(売)が5週連続首位

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、ユーロ/トルコ(売)が先週に続いての首位となった。同時に、上位通貨ペアに大きな変化は見られない。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 2991 51,000
2 USD/TRY 1884 43,000
3 RUB/JPY 840 90,000
4 CNH/JPY 620 70,000
5 ZAR/JPY 440 30,000
6 MXN/JPY 420 30,000
7 TRY/JPY 251 6,000
8 EUR/USD 133 51,000
9 EUR/NZD 126 51,000
10 EUR/GBP 99 51,000
11 EUR/AUD 78 51,000
12 EUR/JPY 72 51,000
13 USD/CHF 64 43,000
14 USD/JPY 42 43,000
15 NZD/USD 35 31,000
15 CHF/JPY 35 48,000
17 GBP/JPY 21 58,000
18 AUD/JPY 7 33,000
18 NZD/JPY 7 31,000
20 CAD/JPY 1 34,000
21 AUD/USD 0 33,000
21 GBP/USD 0 58,000
21 HKD/JPY 0 60,000
21 NOK/JPY 0 50,000
21 GBP/AUD 0 58,000
21 SEK/JPY 0 60,000
21 SGD/JPY 0 32,000
28 USD/CAD -47 43,000
29 AUD/CAD -69 33,000
30 AUD/NZD -78 33,000

 

取引高ランキング:大きな変動はなし

期間中の取引高ランキングを見ると、上位に変動は無かった。堅調推移のトルコリラ/円が、先週の第7位から今回は第8位へ順位を下げているくらいであろうか。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 MXN/JPY 2
3 AUD/JPY 3
4 GBP/JPY 4
5 EUR/USD 5
6 ZAR/JPY 6
7 EUR/JPY 8
8 TRY/JPY 7
9 GBP/USD 9
10 AUD/USD 10
11 NZD/JPY 11
12 GBP/AUD 12
13 EUR/AUD 14
14 EUR/GBP 13
15 NZD/USD 16
16 CAD/JPY 17
17 AUD/NZD 20
18 USD/CHF 19
19 CHF/JPY 21
20 USD/CAD 18
21 RUB/JPY 22
22 EUR/TRY 15
23 CNH/JPY 23
24 EUR/NZD 24
25 USD/TRY 25
26 HKD/JPY 26
27 NOK/JPY 27
28 AUD/CAD 28
29 SEK/JPY 29
30 SGD/JPY 30

まとめ

変動率は全体に停滞し、南アランドやロシアルーブルなど資源国通貨やトルコリラの強さが光る週であった。今週のイベントとして、17日のFOMC議事録公開や、ブレイナードFRB理事の講演が予定されている。市場ではリフレーション(デフレを脱却し、インフレになるまでの間の期間)突入が指摘される中、米中銀の要人発言は注目だ。新型コロナウイルスについて、日本にもワクチンが到着するなど、新しいフェーズに入りつつある。日経平均株価が3万円を記録し、空前の株高となっているが、この勢いがどこまで続くのか、また為替市場にどう影響してくるのか、興味深いところだ。

トルコ中銀は18日に政策金利発表を行う。市場では金利据え置き予想となっている。

 

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top