FX「RBA声明に注目」注目の高金利通貨 豪ドル/円 2月24日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

豪ドル/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20210224123252p:plain

直近1週間のポイント

・コロナ感染が下火に
☆世界景気回復期待
☆国際資源価格上昇

足元の豪ドル/円は83円台後半へと続伸

世界的に新型コロナウイルスの新規感染者が減少傾向にある中、景気回復への期待が広がっています。
株価の上昇は足元で一服しつつあるものの、原油や銅、ニッケルなどの国際商品価格の上昇が続いており、資源国通貨の買い材料となっています。
19日に発表された欧州各国の2月PMIを好感して一時83円台へ上昇した豪ドル/円は、豪10年債利回りが1.6%を超えて上昇する中、83円台前半での値固めを経て24日の東京市場で83.79円前後まで続伸。
2018年12月以来、約2年2カ月ぶりの高値を更新しました。

注目ポイントはRBA声明

豪中銀(RBA)は3月2日に政策金利を発表します。
今回も0.10%の据え置きが確実と見られ、焦点は声明文の内容になる見通しです。
前回2月の声明では、「景気回復は順調に進んでおり、当初の予想を上回る勢いで推移」「国内総生産(GDP)は今年半ばには2019年末の水準に戻ると予想」などと前向きな見方を示した一方、4月に終了する債券買い入れプログラムを延長し、買い入れ枠を1000億豪ドル拡大すると発表。
今回は、豪州景気の見通しの他、豪ドル高や豪長期金利の上昇に対する見解にも注目です。
仮にRBAが豪ドル高をけん制しても、リスクオンの流れが続けば豪ドルの下値は限られる公算です。
世界の株価や国際商品価格の動向は引き続き重要でしょう。
また、3日には豪10-12月期GDPが発表される予定です。

来週までの豪ドル/円の見通し

予想レンジ
82.000~85.500円
基調
底堅い

来週までの注目ポイント

☆3/2 RBA政策金利
・3/3 豪10-12月期GDP
・主要国株価、国際商品価格

「為替チャート|豪ドル/円(AUDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|豪ドル/円(AUDJPY)|60分足」はこちら 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top