FX「メキシコのインフレ率に注目」注目の高金利通貨 メキシコペソ/円 3月3日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

メキシコペソ/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20210303110121p:plain

直近1週間のポイント

・米長期金利急騰でリスク回避ムード
・メキシコ2年連続マイナス成長
・メキシコ失業率悪化
・米長期金利安定化でリスク回避後退

足元のメキシコペソ/円は下げ渋る展開

米長期金利の急騰をきっかけに世界的に株価が調整色を強めた25日にはペソ/円も5.052円前後まで急落。
なお、この日発表されたメキシコの2020年の成長率は-8.2%と2年連続でマイナス成長となり、1月失業率は4.73%へと悪化しました。
ただ、その後のペソ/円は米国の債券市場が落ち着きを取り戻す中、26日には5.1円台を回復。
市場のリスク回避ムードが和らぐ中、2日には5.188円前後まで反発しました。

注目ポイントはインフレ率

メキシコでは9日に2月消費者物価指数が発表されます。
前月1月の伸びは前年比+3.54%と予想を上回ったものの、メキシコ中銀のインフレ目標(2-4%)の範囲内に収まった事で、中銀は2月会合で0.25%の利下げに踏み切りました。
その際、「メキシコ経済にはかなりの需給の緩みがあり、下向きのリスクがある」との声明を発表しており、今回の2月消費者物価指数の伸びが鈍化すれば、3月(25日)会合での追加利下げ観測が浮上する事も考えられます。

来週までのメキシコペソ/円の見通し

予想レンジ
5.050~5.300円
基調
方向感模索

来週までの注目ポイント

☆3/9 メキシコ2月消費者物価指数
・主要国株価、国際商品価格

「為替チャート|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|メキシコペソ/円(MXNJPY)|60分足」はこちら 

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top