【ユーロドル】下値余地拡大も下げは拡大せず G.COMデイリーレポート 2021年3月8日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

3月8日(月)ユーロ/ドル

基調
上値重い

目先の注目材料
・3/8 独1月鉱工業生産
・米長期金利、主要国株価、国際商品価格

下値余地拡大も下げは拡大せず

前週末の米2月雇用統計を受けてドルが続伸する中、ユーロ/ドルは1.19ドル台を割り込んで下落。
本日も1.18900ドル前後まで続落している。
サポートと見られていた2月安値の1.19520ドル前後を明確に下抜けた事で下落余地が拡大したと考えられる。

ただし、今週は11日(木)に欧州中銀(ECB)の金融政策発表が予定されている事などから、下値では買い戻しも入りやすいと見られ、大きく下値を切り下げる動きにはなりにくいだろう。
目先の下値メドは200日移動平均線が通る1.18200ドル前後となりそうだ。
なお、1.18200-1.18300ドルには、合計2.87億ユーロ規模の本日を満期とするオプションも設定されており(米証券保管振替機関=DTCCより)、この付近では一定の防戦買いも入りそうだ。

「為替チャート|ユーロ/ドル(EURUSD)|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top