【カナダドル/円】2月雇用統計はカナダ景気の回復期待を高めるか G.COMデイリーレポート 2021年3月12日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

3月12日(金)カナダドル/円

基調
堅調

目先の注目材料
・3/12 加2月雇用統計
・主要国株価、国際商品価格

2月雇用統計はカナダ景気の回復期待を高めるか

カナダドル/円は、本日の東京市場で86.76円前後まで上伸。
2018年11月以来、約2年4か月ぶりの高値を更新中だ。
カナダは新型コロナワクチンの接種ペースが速く、その分早期に景気が回復するとの期待が高まっている。
カナダ中銀(BOC)は10日の金融政策決定会合後に発表した声明で2021年1-3月期の成長率見通しを上方修正。
11日にはBOC副総裁が景気回復とともに金利の上昇ペースが早まる可能性に言及した。

こうした中、本日はカナダ2月雇用統計が発表される。
市場予想は新規雇用者数が7.50万人増(前回21.28万人減)、失業率は9.2%(前回9.4%)などとなっている。
新型コロナの感染拡大が下火になる中で、カナダの雇用情勢がどれほどの改善を見せるか注目したい。
仮に、予想以上に良好な結果となれば2018年10月以来の87円台回復も見えてこよう。

「為替チャート|カナダドル/日本円(CADJPY)|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top