【ユーロ/ドル】景況感格差は欧低・米高 G.COMデイリーレポート 2021年3月15日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

3月15日(月)ユーロ/ドル

基調
下値不安

目先の注目材料
・主要国株価、国際商品価格、米長期金利

景況感格差は欧低・米高

イタリアのドラギ政権は、本日から過半数の州でロックダウン(都市封鎖)を再導入する。
同国では、新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るっており、12日の発表によると1日あたりの新規感染者は2万6千人と、ここにきて急速に増加している。
フランスやドイツでも2月半ば頃から新規感染者が増加傾向にあり、ユーロ圏経済の先行きに暗い影を落としている。

一方、ワクチン接種が進む米国では、テキサスなど一部の州で先週には商業活動が全面的に再開された。
バイデン政権の大型追加経済対策が成立し、個人向けの現金給付も始まった事もあって、こちらは景気回復期待が高まっている。
為替レートを動かす要因の一つである「景況感格差」は明らかに欧低・米高だ。
市場の関心がこの点に向かえばユーロ安・ドル高に振れる事になるだろう。
米長期金利の上昇が続くようなら、ユーロ/ドル相場は再び200日移動平均線(1.18371ドル前後)を試す展開となってもおかしくなさそうだ。

「為替チャート|ユーロ/ドル(EURUSD)|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top