「メキシコペソ/円が強い」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年3月8日~3月12日

FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキングタイトル


外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2021年3月8日~3月12日の営業日

▼変動率ランキング
僅差でメキシコペソ/円がトップ


▼スワップポイント累計ランキング
ユーロ/トルコ(売)が9週連続首位


▼取引高ランキング
メキシコペソ/円がランクアップ


▼まとめ

変動率ランキング:僅差でメキシコペソ/円がトップ

期間中の為替相場は、全体的には円安が進んだと言えるだろう。今回のトップ3はいずれも変動率5%越えで、ほぼ差がない状態であった。

第1位となったメキシコペソ/円は、レンジ相場の下限から上限まで一気に移動した。上昇した要因は、何といっても米国の追加経済対策だろう。米バイデン政権が示した1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策は、その規模からメキシコ経済へも大きな恩恵がもたらされるという期待が生まれ、通貨高になったと考えられる。メキシコ国内の新型コロナウイルス感染拡大は、1月のピーク時に比べれば収まってきたとはいえワクチン調達が難航しているという報道もあるため、レンジ相場の上抜けまではハードルがありそうだ。

南アランド/円が第3位となった。チャートを見るとここ3週間は上値が重かったが集計週の週足で力強い陽線を描き上昇トレンドを堅持した。世界的な株高に見られるリスクオン相場が南アランドにも好影響をもたらしている。ただ、海外へ輸出している金の価格下落や、輸入している原油価格の上昇はネガティブな要因であり、現在が盤石な通貨高とも言い切れない。

トルコリラは、3通貨ペアいずれも4~3%台の変動率となった。日足チャートでは大きなトレンドは発生していない。俯瞰して、週足で見ると外為どっとコムで扱っているトルコリラ3通貨ペアはいずれも「コマ」と呼ばれる形となった。週初から週末までの間で特にトレンドが発生しなかった場合に描画される。高いインフレ率が続いており、市場では3月18日にのトルコ中銀政策金利発表で利上げがあるのではないかと見ている。

ドル/円は変動率0.90%の29位になった。値幅は伴わなかったが、しっかりとした円安・ドル高が継続している。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアのうち10通貨ペアと、前回の15から減少した。その内3%以上の変動幅を記録した通貨ペアは6通貨ペアで、こちらは前回の5から増加した。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 MXN/JPY 5.04% 5.271 5.018
2 RUB/JPY 5.02% 1.486 1.415
3 ZAR/JPY 5.01% 7.321 6.972
4 USD/TRY 4.80% 7.7811 7.4245
5 TRY/JPY 4.65% 14.593 13.945
6 EUR/TRY 3.79% 9.2208 8.8845
7 NOK/JPY 2.75% 12.941 12.595
8 CAD/JPY 2.38% 87.482 85.449
9 AUD/USD 2.35% 0.78 0.7621
10 AUD/JPY 2.23% 84.778 82.927
11 NZD/USD 1.96% 0.72401 0.71011
12 USD/CAD 1.91% 1.26995 1.24614
13 SEK/JPY 1.88% 12.868 12.63
13 NZD/JPY 1.88% 78.601 77.148
15 GBP/JPY 1.81% 152.231 149.531
16 USD/CHF 1.53% 0.93748 0.92337
17 GBP/USD 1.47% 1.40039 1.38004
18 AUD/CAD 1.36% 0.97957 0.96647
19 CNH/JPY 1.32% 16.781 16.563
20 EUR/USD 1.30% 1.19897 1.18353
21 CHF/JPY 1.26% 117.54 116.074
22 EUR/JPY 1.25% 130.386 128.78
23 EUR/AUD 1.22% 1.55407 1.53533
24 GBP/AUD 1.16% 1.81133 1.79051
24 EUR/NZD 1.16% 1.67019 1.65104
26 HKD/JPY 1.04% 14.055 13.911
27 AUD/NZD 1.02% 1.08184 1.07089
28 SGD/JPY 0.93% 81.165 80.421
29 USD/JPY 0.90% 109.231 108.258
30 EUR/GBP 0.85% 0.86207 0.85478

 

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコ(売)が9週連続首位

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、ユーロ/トルコ(売)の首位に変化は無かった。先週に比べ、南アランド/円が第6位へ順位を下げている。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 3042 52,000
2 USD/TRY 2024 44,000
3 RUB/JPY 840 90,000
4 MXN/JPY 420 30,000
4 CNH/JPY 420 70,000
6 ZAR/JPY 400 30,000
7 TRY/JPY 266 6,000
8 EUR/USD 133 52,000
9 EUR/NZD 122 52,000
10 EUR/GBP 119 52,000
11 AUD/USD 112 34,000
12 EUR/AUD 72 52,000
13 CHF/JPY 70 47,000
14 EUR/JPY 70 52,000
15 NOK/JPY 70 60,000
16 USD/CHF 63 44,000
17 USD/JPY 31 44,000
18 NZD/USD 15 32,000
19 GBP/JPY 11 61,000
20 NZD/JPY 9 32,000
21 CAD/JPY 7 35,000
22 AUD/JPY 3 34,000
23 GBP/USD 0 61,000
24 HKD/JPY 0 60,000
25 GBP/AUD 0 61,000
26 SGD/JPY 0 33,000
27 USD/CAD -55 44,000
28 AUD/CAD -63 34,000
29 AUD/NZD -65 34,000
30 SEK/JPY -100 60,000

 

取引高ランキング:メキシコペソ/円がランクアップ

期間中の取引高ランキングを見ると、第2位と第3位の交代があった。豪ドル/円が下落し、変わってメキシコペソ/円が第2位になった。集計期間中、豪ドル/円は上昇トレンドが継続したが、買いポジションでスワップポイントをより多く受け取れるメキシコペソ/円の上昇にはかなわなかったようだ。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 MXN/JPY 3
3 AUD/JPY 2
4 GBP/JPY 4
5 EUR/USD 5
6 TRY/JPY 6
7 EUR/JPY 7
8 ZAR/JPY 8
9 GBP/USD 9
10 AUD/USD 10
11 NZD/JPY 11
12 GBP/AUD 13
13 EUR/AUD 12
14 EUR/GBP 14
15 USD/CAD 16
16 CAD/JPY 19
17 NZD/USD 15
18 USD/CHF 20
19 USD/TRY 24
20 CNH/JPY 17
21 CHF/JPY 18
22 EUR/TRY 21
23 AUD/NZD 22
24 EUR/NZD 25
25 RUB/JPY 23
26 AUD/CAD 27
27 HKD/JPY 28
28 NOK/JPY 26
29 SEK/JPY 29
30 SGD/JPY 30

まとめ

円安基調が続き、メキシコペソ/円の強さが目立った集計週だった。今週のイベントとして、日銀会合とFOMCが続けて行われるため、注目したい。今回の日銀会合は、現在までの金融政策を点検しその内容を発表するとしている。振り返りを受けて、金融政策の変更も考えられるため、普段以上に注視しておきたい。そして、18日のトルコ中銀政策金利発表も、トルコリラの今後を占ううえで重要だろう。

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top