FX YouTuber平井聡士氏「頑張っている人に成功してもらいたい。学びの場として動画を発信する」トップトレーダーに聞く!(前編)

ロックバンドのギタリストとしてメジャーデビューを目指し、日本中のライブハウスで演奏を続ける日々を送るも、子どもの頃からの夢は果たせぬままに音楽活動から引退、故郷に戻って起業し、稼いだお金でFXを始めた平井聡士さん。得意技を極め、これまでに築き上げてきた「FX哲学」で高成績を残している。最近、そのノウハウやFXトレードのヒントを動画で発信するYouTuberとしての活動を始めた。2021年3月にはチャンネル登録者数が3000人を超え、熱心な視聴者からのコメントを励みに、日々トレードと動画発信に励んでいる。FXの情報発信をすると決めた一念は「めっちゃ頑張ってる人は成功しても良い」と考えるから。平井さんにその思いをうかがった。

f:id:gaitamesk:20210329085251p:plain

以下の取材記事はトレーダー個人の経験やお考えに基づくものです。その内容について当社が保証するものではありません。実際のお取引については充分内容をご理解の上ご自身の判断にてお取り組みください。

平井聡士さん プロフィール
年齢性別    :40代男性
職業      :FXトレーダー
通貨      :ドル/円、ユーロ/ドル
趣味      :FX、音楽

▼目次

1.音響設計会社のサラリーマンからバンドマンに
2.バンド時代に培った人脈を駆使して起業
3.余剰資金300万円で暗号資産にチャレンジ
4.レバレッジの魅力にひかれてFX一本に
5.成功している人を徹底分析
6.“イケる”の転機は記録から
7.取引画面を録画する
8.ファクターを絞れ
9.得意技を磨くのはFXスクール師匠の教え

音響設計会社のサラリーマンからバンドマンに

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
FXに出合うまでの経歴から教えてください。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
大学卒業後、新卒で音響設計会社に入り、2年間、サラリーマンとして働きました。音楽が大好きで中学生のときからバンド組んで、ギターを弾いていました。サラリーマンになってからも、ライブハウスで演奏していたのですが、ある音楽事務所から「CDデビューしないか」と誘われ、思い切ってサラリーマンを辞めてプロの道を選びました。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
ええっ!せっかく入った会社を辞めちゃったんですか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
はい、ただ、いきなり「メジャーデビュー」できたわけではなくて、まずはインディーズデビューだったんですが、そこから30歳になるまで、もう全国ツアーをひたすら回りました。全国のライブハウスで演奏しました。一生懸命にやりましたが、音楽だけで食べられるほど、残念ながらバンドは売れませんでした。

バンド時代に培った人脈を駆使して起業

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
それでもプロミュージシャンとして、7年くらいバンド活動をされていたことになりますね。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
そうですね。アルバイトはしていましたが、残念ながらプロになることは挫折してしまいました。しかし、この間に、たくさん人脈をつくることができました。当時、私にとって唯一の武器は人脈でした。長いバンド活動で残ったものは人脈しかなかったと言えます。音楽活動を引退し、お金を稼ぐ方法を模索したときに、中古車販売がいいんじゃないかって思ったんです。「車屋さん」って、最初のころは、お客さまのほとんどが、自分の友だちや知り合いなんです。間違いなく、僕のこの人脈は特別だった。そこで、ずぶの素人でしたが、中古車販売会社を起業することにしました。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
会社はうまくいきましたか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
ちょうど中古車販売業界が、「ブルーオーシャン」から「レッドオーシャン」になっていく時期でした。ただ私は1~2年の間に、ちょっとだけ儲けることができたんですね。その後、中古車販売から車のパーツ販売に事業をシフトさせ、その後、さらにリサイクルショップへと業態を変えました。そのときの稼ぎをもとにFXを始め、現在はFXトレーダーが本業となりましたが、今でも中古車販売、パーツ販売、リサイクルショップの3事業は僕の手を離して継続しています。

余剰資金300万円で暗号資産にチャレンジ

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
すこしずつ業態を変えながら、上手に会社経営されてきたわけですね。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
その間に社員も育ち、徐々に仕事を任せられるようになりました。社員も全員、元バンドマンで、バンド時代に一緒に頑張ってた仲間なんです。僕の財産ですね。そして、なんとかお金が残せるぐらいまで損益を持ってこられたんです。私が37歳、今から4年前のことです。1年間で300万円くらいの余剰資金ができたので、投資を始めることにしました。まずは暗号資産(仮想通貨)に興味を持ちまして、ビットコインをやってみたんです。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
最初にビットコインですか!暗号資産の投資はどうでしたか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
うーん、そうですね。ビットコインを“天井(価格)”で買い続けていたってことですかね(笑)。コインチェックバブルのちょっと前からやり始めたんですが、“天井”までの間に、何回も「利確」はしていたものの、ちょっとおいしい思いをしたその経験があだとなってしまい、天井なのに、買い続けて、結局、額面で約500万円の損を出してしまったんです。そこで暗号資産は一切やめました。

レバレッジの魅力にひかれてFX一本に

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
他の金融商品は試されましたか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
個別株も多少やりました。日経225も試しましたし、CFDもやりましたよ。いろんなものを一通りやってみました。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
FXと他の金融商品では、どこが違うと思いますか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
一番の違いは、少ない資金を”ブースト”させられることでしょうね。やっぱり、「FXじゃないとダメだ」と思いましたね。レバレッジはFX最大の魅力です。私は「レバレッジこそ正義だ」と思いますね(笑)。「レバレッジは悪だ」という人がいることも承知しています。しかし、FXをやるなら、レバレッジは使うべきだと私は思います。だから私はFXに決めたんです。

成功している人を徹底分析

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
FXを始めたときの資金を教えてください。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
最初の資金は300万円くらいですね。デイトレードをしていました。ストップロスを置いて、何時間かホールドするようなトレードもやりましたよ。全然上手くいきませんでした。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
FXで利益を出すトレード方法は、どのように身につけられたんでしょうか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
冷静に自分のトレードを見直したときに「FXってめっちゃ難しいな」と気づいたんです。勉強もした事があったし、音楽も頑張った。でもFXはもっと難しい(多くの方が損失をだしてしまっている可能性があるのでは!?)と気付いた。「他の人とは異なる自分なりのアプローチを見つけるべきだ」と思いました。そこで私は利益を出している人を探したんです。ガチ勢を見つけ、Twitterでトラックレコードを出している人がいたら、それを分析してどこでエントリーしているのか調べる。「なるほど、こういうところに”エッジ”があるのか」と、他人のトレード分析を蓄積していきました。

その一方で、2018年はファンダメンタルズ分析にのめりこみました。ただ、自分は”アカデミックタイプ”のトレーダーではないことに気がつき、「チャートをひたすら見ることで、”成り上がる”しかないな」と思ったんですね。そう感じた2019年頃から、私のトラックレコードはブレイクしたんです。ファンダメンタルズからテクニカルに比重を戻し、チャートをもう一度見つめ直したときから、結果が出るようになったんです。テクニカル→ファンダ→テクニカルと原点回帰しました。

“イケる”の転機は記録から

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
いつ自分は「FX一本でやっていけそうだ」と思われたんでしょうか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
そうですね。それまで闇雲に打っていたトレードの記録を、しっかりと取り始めたことが転機になったと思います。全エントリー・全イグジットをキャプチャーすることにしたんです。その日の一分足を全画面で表示して、自分のコメントをそこに書き込むようにしました。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
どういう考えでエントリーしたのか、その結果がどうなったのか、原因と結果を記録に残して、見直すようにしたということですか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
これは今でもやっています。月曜日から金曜日までのトレードを全部キャプチャーし、データをフォルダに保存しています。見返したときに「どうしてここで入ったんだろう」と反省することがよくあります。「こういうトレードがやりたい」と思っていることを、自分が実行できていないことに気がつくんです。それを繰り返したことで、トレードをブラッシュアップして、「これなら利益が出せる」という自分の理論を遂行するPDCAが回せるようになりました。

取引画面を録画する

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
一番大切なのは、それを続けることですよね。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
他にも私がオススメしたいは、取引画面を録画しながらトレードするやり方です。トレード終了後に、その動画を見ると、「クリックが遅い」とか、「このときは冷静じゃないな」っていうのが、すごくよくわかります。相場状況や自分のトレードを声を出して解説しながらやると、さらにいいですよ。あとで見直すと、「自分は冷静じゃないな」っていうのが一目瞭然ですごく勉強になります。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
そのやり方は初めて聞きました。自分でスポーツ中継みたいに実況するんですね。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
テレビ会議システムのZOOMを使うんです。「画面共有」にして、それを録画するんです。注文画面も、チャートも全部記録できます。パソコンのカメラで“自撮り”してマイクもオンにしていますから、そのときの心境や自分が正常じゃない感じ(笑)も、全部みることができます。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
なるほど、トレードのすべてがプレイバックできるんですね。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
そうです。為替相場はすごいスピードで動いているので、一分足チャートの中で、プライスアクションが、「ダブルトップ」とか、「トリプルトップ」とか、なかなかその瞬間には気づけなかったことが、あとから録画でみると、はっきりとわかるんです。「このときは“ショート”が打てたな」とか分析できます。すると、その次のトレードでは、全然違う自分になれます。成長できるんですよね。

f:id:gaitamesk:20210329095350p:plain
(画面左がリモート取材に応じる平井氏)

ファクターを絞れ

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
FXの勉強のやり方やツールの使い方がよく分からないという初心者も少なくありません。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
金融マーケットは巨大で、しかも24時間365日、まったく止まることなく、常に動き続けています。いわゆる“複雑系”なんですよ。これを完全解析するなんて、絶対にできません。だから、私たちが最初にやらなきゃいけないのは、「ファクター」を絞るということです。初心者の人には、これを最初にやってほしい。言い換えると、自分が解析可能な量だけに情報を絞るんです。これが大事です。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
もう少し具体的に教えてください。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
例えば、指標トレードだったら、指標トレードだけをやるんです。すると、他の時間の事や、政治的なファンダメンタルズは分からない部分があっても、割り切る事ができます。チャートに向き合う(指標時の)以外は、何にも考えなくていいんです。このように「ファクター」を絞ることで、“複雑系”が相手でも、“太刀打ち”ができるようになると思うんです。
f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
対象にする通貨ペアも絞りますか。
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
はい。私はドル/円が8割、ユーロ/ドル、ポンド/ドルが2割くらいです。

得意技を磨くのはFXスクール師匠の教え

f:id:gaitamesk:20191118100307p:plain
編集部:
つまり、初心者はまず自分の得意なトレード手法を作りなさい、通貨を選びなさいということですか?
f:id:gaitamesk:20210329093054p:plain
平井氏:
ひとつだけ作るんです。ひとつだけでいいんです。順張り・逆張り・時間を出来るだけ絞る事です。「数年間はとにかく自分の得意なひとつのものをやる」って決めたんなら、そこに”エッジ”はあると私は思いますね。私は初心者のときに、その境地にたどり着いていました。色んな手法をやってしまいますもんね。

例えば「雇用統計だけやってみよう」と決めて、3年間分の雇用統計のチャートをプリントアウトして、雇用統計だけを分析したり、ひとつの道を極めるには、それぞれに莫大な時間がかかります。色んな事をやると、例えエッジがある手法も負けトレードに埋もれてしまいます。ひとつひとつ分けて考えないといけません。

(後編に続く)

PickUp編集部より

会社員、プロミュージシャン、会社経営者とさまざまな社会人経験を積み、現在はFX YouTuberとして活躍する平井氏。自分がトレードする様子と取引画面を“自撮り”して後から見直すという分析方法は、YouTuberならではの発想だろう。平井さんがFXで利益がだせるようになった背景には、ミュージシャンとしての経験があったからだという。後編では、どうすれば、FXで利益をだせるようになるのか、その心構えやトレードスタイルなどを詳しく聞いた。

f:id:gaitamesk:20210329095848p:plain
https://www.youtube.com/c/moneymoneymoney-SatoshiHirai

※その他、各種SNS展開紹介
【Instagram】 https://www.instagram.com/satoshi__hirai
検索『satoshi__hirai』

【Facebook】 https://www.facebook.com/satoshihirai1025
検索『平井聡士』

【TikTok】 http://tiktok.com/@satoshi_hirai
検索『@satoshi_hirai』『money money money』

【Twitter】 https://twitter.com/satoshi_hiraiya
検索『@satoshi_hiraiya』

【トップトレーダーに聞く!インタビュー記事まとめ】

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top