「ドル/円は111円目前に」FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキング 2021年3月29日~4月2日

FX変動率・スワップポイント累計・取引高ランキングタイトル


外為どっとコムのFX取引口座『外貨ネクストネオ』の一週間の取引データ「変動率」「スワップポイント累計」「取引高」をランキング表示した。

集計期間:
2021年3月29日~4月2日の営業日

▼変動率ランキング
トルコリラは乱高下


▼スワップポイント累計ランキング
ユーロ/トルコ(売)が12週連続首位


▼取引高ランキング
ポンド/円が第3位に


▼まとめ

変動率ランキング:トルコリラは乱高下

集計週は、週初トルコリラの下落が目立っていたが、週末にかけて上昇するという相場だった。チャートを見ると、3月19日から3月22日にあったトルコリラ/円急落がどうしても目立ってしまい、それに比べると集計週の変動は小さく見えるのだが、変動率に直すと6.22%と、他通貨ペアを圧倒する変動であった。

トルコ中銀について、アーバル氏から交代したカウジュオール総裁は、当面は金融引き締めを行うことが伝わってきたためトルコリラは若干値を戻している。

変動率第4位の南アランド/円は堅調に上昇した。年初来高値を更新し、すでに「コロナショック」前の為替水準(7円40銭前後)を上回っている。米景気刺激策への期待や、中国製造業PMIが改善改善したことなどでリスクオン相場になっている。

第5位のメキシコペソ/円も、長かったレンジ相場から離れ、年初来高値を更新している。4月2日には5.456円を記録した。ただ、コロナショック前の水準(6円)への回復はまだ遠い。

ドル/円は変動率1.45%の16位になった。ほぼ一本調子で上昇し、東京時間に110円を超えた。その後も111円目前まで円安・ドル高が進み、ドル/円の上昇が続いた。

集計期間中、2%を超える変動があったのは集計対象30通貨ペアのうち8通貨ペアと、前回の14から減少した。その内3%以上の変動幅を記録した通貨ペアは5通貨ペアで、こちらも前回の7から減少した。

順位 通貨ペア 変動率 高値 安値
1 TRY/JPY 6.22% 13.827 13.017
2 USD/TRY 5.82% 8.449 7.9841
3 EUR/TRY 5.43% 9.9221 9.4115
4 ZAR/JPY 4.28% 7.577 7.266
5 MXN/JPY 3.43% 5.456 5.275
6 RUB/JPY 2.58% 1.47 1.433
7 NOK/JPY 2.56% 13.002 12.677
8 NZD/JPY 2.10% 77.935 76.331
9 CAD/JPY 1.93% 88.3 86.626
10 AUD/USD 1.76% 0.76642 0.75317
11 GBP/JPY 1.73% 153.197 150.587
12 AUD/CAD 1.61% 0.96421 0.94894
13 GBP/AUD 1.58% 1.82641 1.79794
14 SGD/JPY 1.52% 82.428 81.193
15 NZD/USD 1.47% 0.70469 0.69449
16 USD/JPY 1.45% 110.963 109.374
17 HKD/JPY 1.42% 14.26 14.061
18 CNH/JPY 1.37% 16.891 16.663
18 AUD/JPY 1.37% 84.475 83.335
20 EUR/AUD 1.27% 1.55528 1.53574
20 AUD/NZD 1.27% 1.09462 1.08094
22 EUR/NZD 1.16% 1.68913 1.66969
22 EUR/JPY 1.16% 130.319 128.829
24 USD/CHF 1.10% 0.94721 0.93694
25 CHF/JPY 1.08% 117.667 116.413
26 GBP/USD 1.07% 1.38515 1.3705
27 USD/CAD 0.95% 1.26466 1.25276
28 SEK/JPY 0.91% 12.701 12.586
29 EUR/GBP 0.82% 0.85621 0.84925
30 EUR/USD 0.77% 1.17939 1.17039

スワップポイント累計ランキング:ユーロ/トルコ(売)が12週連続首位

期間中のスワップポイントを合算した本ランキングは、ユーロ/トルコ(売)の首位に変化は無かった。騰落率ランキングで首位のトルコリラ/円は、こちらでは第7位に位置している。

※MXN/JPY、ZAR/JPY、HKD/JPY、CNH/JPY、NOK/JPY、SEK/JPYは10万通貨あたり。RUB/JPYは100万通貨あたり。左記以外は1万通貨あたりのスワップポイントにて算出。
※前週終値に取引数量を掛け合わせた取引残高に対してのスワップ合計

順位 通貨ペア 売買区分 スワップ合計 円 取引保証金
1 EUR/TRY 2788 52,000
2 USD/TRY 2197 45,000
3 RUB/JPY 840 90,000
4 ZAR/JPY 640 30,000
5 CNH/JPY 480 70,000
6 MXN/JPY 420 30,000
7 TRY/JPY 362 7,000
8 EUR/NZD 137 52,000
9 EUR/USD 129 52,000
10 AUD/USD 114 34,000
11 EUR/GBP 109 52,000
12 EUR/AUD 83 52,000
13 CHF/JPY 70 48,000
13 NOK/JPY 70 60,000
15 USD/CHF 64 45,000
16 EUR/JPY 63 52,000
17 USD/JPY 43 45,000
18 GBP/JPY 36 62,000
19 NZD/JPY 20 32,000
20 GBP/AUD 9 62,000
21 AUD/NZD 8 34,000
22 CAD/JPY 7 36,000
22 AUD/JPY 7 34,000
24 NZD/USD 0 32,000
24 GBP/USD 0 62,000
24 HKD/JPY 0 60,000
24 SGD/JPY 0 33,000
28 USD/CAD -9 45,000
29 AUD/CAD -68 34,000
30 SEK/JPY -100 60,000

取引高ランキング:ポンド/円が第3位に

期間中の取引高ランキングを見るとポンド/円が3位に返り咲いた。先週は第5位だったが、これを盛り返した形だ。集計週はポンド高・円安の流れが復活したため、レンジブレイク狙いのトレードが機能したためかもしれない。

順位 通貨ペア 前回順位
1 USD/JPY 1
2 MXN/JPY 2
3 GBP/JPY 5
4 AUD/JPY 4
5 TRY/JPY 3
6 EUR/USD 7
7 ZAR/JPY 6
8 EUR/JPY 8
9 GBP/USD 9
10 AUD/USD 10
11 NZD/JPY 11
12 EUR/GBP 16
13 EUR/AUD 13
14 CAD/JPY 18
15 GBP/AUD 15
16 NZD/USD 12
17 USD/TRY 14
18 AUD/NZD 21
19 USD/CAD 25
20 RUB/JPY 19
21 CHF/JPY 17
22 CNH/JPY 22
23 EUR/NZD 24
24 USD/CHF 20
25 EUR/TRY 23
26 AUD/CAD 26
27 NOK/JPY 27
28 HKD/JPY 28
29 SEK/JPY 29
30 SGD/JPY 30

まとめ

集計週は、全体的なリスクオン相場となり、ドル/円が上昇していた週であった。

今週は、重要指標の発表を終えている中で、国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しに注目だろう。コロナ禍からの回復局面で、どの程度景気回復が進んでいるかを把握したい。

オーストラリア中銀は6日に政策金利発表を予定している。金利据え置きが予想されているが、声明内容などはおさえておきたい。

トルコ中銀の総裁人事について現在は事態鎮静化へ進んでいると思われるが、関連報道はチェックしたいところだ。

■関連情報

外為情報ナビ「騰落率」※画面中段

外為情報ナビ「取引データ」

スワップポイントカレンダー

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top