「米金利上昇続かずドル反落」 外為トゥデイ 2021年4月14日号

外為トゥデイ

目次

▼13日(火)の為替相場
(1):英鉱工業生産良好も貿易収支悪化
(2):独ZEW景況感調査 前月から低下
(3):米当局 J&Jワクチン接種中断を勧告
(4):米3月CPI 予想上回るもドル高一時的
(5):米長期金利低下でドル/円下落

▼13日(火)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報

▼本日の見通し

▼ドル/円の見通し:上値の重い展開

▼注目の経済指標

▼注目のイベント

13日(火)の為替相場

f:id:gaitamesk:20210414091650p:plain期間:13日(火)午前6時10分~14日(水)午前5時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):英鉱工業生産良好も貿易収支悪化

英2月鉱工業生産は前月比+1.0%と予想(+0.5%)を上回る伸びとなった一方、英2月貿易収支は164.42億ポンドの赤字となり、赤字額は予想(105.00億ポンド)を超えた。英2月国内総生産(GDP)は前月比+0.4%(予想+0.5%、前回-2.2%)であった。

(2):独ZEW景況感調査 前月から低下

独4月ZEW景況感調査は期待指数が70.7と予想(79.0)に反して前月(76.6)から低下した。ドイツ政府が新型コロナウイルス感染拡大防止策をさらに強化するとの懸念が影響した模様。

(3):米当局 J&Jワクチン接種中断を勧告

米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)は、米医薬品大手ジョンソン&ジョンソン製の新型コロナウイルスワクチンの接種後にまれに深刻な血栓が生じる事例が報告されたとして、接種を中断するよう勧告した。これを受けてリスク回避の円買いが強まったが、FDAが「中断は数日間の見通し」との見解を示した事などから円買いはひとまず収束した。

(4):米3月CPI 予想上回るもドル高一時的

米3月消費者物価指数は前月比+0.6%、前年比+2.6%と、いずれも予想(+0.5%、+2.5%)を上回った。ただ、インフレ懸念による米長期金利の上昇とそれに伴うドル高は一時的だった。

(5):米長期金利低下でドル/円下落

米30年債入札に堅調な需要があった事が分かると、米長期金利が一段と低下。10年債利回りは1.61%台まで水準を切り下げた。これを受けてドル/円も一段安となり、109.00円台へと下落した。

13日(火)の株・債券・商品市場

f:id:gaitamesk:20210414083308p:plain

外為注文情報

<外為注文情報はこちら>

f:id:gaitamesk:20210414090627p:plain

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

本日の見通し

f:id:gaitamesk:20210414090703p:plain

ドル/円の見通し:上値の重い展開

昨日のドル/円は、戻り売り優勢の展開。109.75円前後まで買いが先行したものの、110円に近付くと上値が重くなり109円台前半へと失速した。米3月消費者物価指数の上ブレを受けてドルに買い戻しが入る場面もあったが、戻りは109.50円台に留まった。その後、米長期金利が30年債入札を経て低下すると109.02円前後まで下落した。

これまでドル高を主導してきた米長期金利の上昇が続かなくなっており、ドル/円も上昇の原動力を失いつつある。米連邦準備制度理事会(FRB)が、インフレの一時的な上昇は黙認してゼロ金利を長期間維持する方針を繰り返し表明してきた事が、ここにきて効果を発揮しているようだ。こうした中、本日のパウエルFRB議長の講演にも注目しておきたい。ドル/円は本日も上値の重い展開が見込まれる。

注目の経済指標

f:id:gaitamesk:20210414083700p:plain

注目のイベント

f:id:gaitamesk:20210414090729p:plain
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top