【トルコリラ/円】新体制トルコ中銀のスタンスを確認 G.COMデイリーレポート 2021年4月15日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain

いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

4月15日(木)トルコリラ/円

基調
方向感模索

目先の注目材料
・4/15 トルコ中銀政策金利 
・主要国株価 国際商品価格

新体制トルコ中銀のスタンスを確認

本日は、トルコ中銀が政策金利を発表する。
エルドアン大統領によるアーバル総裁の電撃解任を受けて新総裁に就任したカブジュオール氏にとって初の金融政策決定会合となる事から市場の注目が集まっている。
カブジュオール新総裁は、エルドアン大統領と同じく「インフレ抑制には低金利が必要」との特異な考えの持ち主とされる事から、一時は就任早々に利下げに動くとの観測が強まっていた。
しかし、3月末に「金融引き締めスタンスを採る」と表明した事で利下げ懸念はひとまず和らいだ経緯がある。

こうした中、今会合では政策金利である1週間物レポレートを19.00%に据え置く公算が大きいと市場は見ている。
大方の予想通りに政策金利が据え置かれれば、焦点は中銀の政策スタンスに移るだろう。引き締めスタンスを採り続ければ、低金利信奉者のエルドアン大統領から厳しい指摘が入る公算が大きい一方、引き締めスタンスを放棄すれば市場から総スカンを喰らうおそれもある。
カブジュオール新総裁は出だしから難しい舵取りを迫られる事になりそうだ。


「為替チャート|トルコリラ/円(TRYJPY)|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top