【ドル/円】FOMCは慎重姿勢維持の公算 G.COMデイリーレポート 2021年4月28日号

f:id:okinawa-support:20210208165718p:plain


いま最もホットな通貨ペアを日々ピックアップ!
その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。

4月28日(水)ドル/円

基調
波乱含み

目先の注目材料
・4/28 FOMC政策金利、パウエルFRB議長会見
・4/28 バイデン米大統領施政方針演説
・米長期金利、主要国株価、国際商品価格

FOMCは慎重姿勢維持の公算

ドル/円相場は本日の東京市場で108.95円前後まで上昇した。昨日の海外市場から急速に円安に振れており、一部には日銀が2023年のインフレ見通しを+1.0%と低く見積もった事で、政策正常化が視野に入る他中銀との「温度差」が意識されたとの見方もある。

そうした中で、本日は米連邦公開市場委員会(FOMC)に市場の関心が集まっている。カナダ中銀が先んじて量的緩和の縮小(テーパリング)に動いた事で、FOMCも早々にこれに追随するのでは、との見方が出ている。仮に、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長から、テーパリングの年内開始に向けた「地ならし的」な発言があれば、日米金融政策当局のスタンスには「温度差」が広がる事になる。

ただ、FOMCがテーパリングを示唆するとすれば、最新の経済・金利予測を発表する次回6月会合と見るのが妥当ではないだろうか。慎重派のパウエル議長は、今会合では「米経済は回復しているが、まだ危機は脱していない」との見解示してハト派スタンスを維持する公算が大きいと見る。FOMCに先駆けて上昇したドル/円相場は、一時的にせよ反落への警戒が必要となりそうだ。

「為替チャート|ドル/日本円(USDJPY)|日足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top