FX「南ア中銀の金融政策に注目」注目の高金利通貨 南アフリカランド/円 7月21日号

f:id:gaitamesk:20190821093810p:plain

南アランド/円(4時間足)

f:id:gaitamesk:20210721113356p:plain
※レポート内の為替レート・チャートは外為どっとコム「外貨ネクストネオ」を参照

直近1週間のポイント

・暴動鎮静化への期待
☆コロナ感染拡大で世界の株価や資源価格が下落
・リスク回避一服

南アランド/円は3カ月ぶり安値圏で上値が重い

最大都市ヨハネスブルグなどで発生した大規模な暴動が沈静化に向かうとの期待などから16日には7.674円前後まで持ち直しましたが、世界的にコロナ感染が拡大する中、主要国の株価や資源価格が下落した19日には7.50円を再び割り込みました。
20日にはリスク回避の動きが先行すると7.454円前後まで下落して4月13日以来の安値を付けましたが、欧米の株価がようやく反発した事から、一時7.50円台を回復するなどひとまず下げ渋りました。

注目ポイントは中銀の金融政策

22日の南ア中銀による政策金利発表に注目です。
中銀はこれまで「次の一手は利上げ」との姿勢を示していましたが、今月発生した大規模な暴動の影響を見極めるために政策金利を3.50%に据え置くと見られています。
2500人以上の逮捕者を出した南アフリカの暴動は沈静化に向かっているようですが、大手米銀の試算によると、暴動の影響で7-9月期国内総生産(GDP)は-3%に落ち込む可能性があるとの事です。
そうした中、南ア中銀が将来的な利上げへのスタンスを維持するかが焦点です。
また、南ア中銀政策金利発表の前日21日には、南ア6月消費者物価指数の発表も予定されています。
市場予想によると、前年比+4.8%と5月の+5.2%から伸びが鈍化する見通しです。

来週までの南アランド/円の見通し

予想レンジ
7.300-7.650円
基調
波乱含み

来週までの注目ポイント

・7/21 南ア6月消費者物価指数
☆7/22 南ア中銀政策金利
・主要国株価 国際商品価格

「為替チャート|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|南アランド/円(ZARJPY)|60分足」はこちら

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
top